Collar Life!

日常に彩を!

イベント 気になる雑学

節分の豆まきの正しい作法は!?全国の変わった豆まきも紹介!

2017/01/16

ook92_namahageoni20150201170149

節分と言えば豆まきですね。誰もが一度は「鬼は外、福は内」と楽しんだ経験があるはず。

 

でもちょっと待って下さい!実は節分にも正しい作法があることをご存知だったでしょうか

節分も日本に昔から伝わる伝統行事。伝統行事であれば正しい作法で節分をしたいですね。そこで今回は節分の豆まきの正しい作法と、ちょっと変わった豆まきについてご紹介させて頂きます









 

 

節分の豆まきの正しい作法は?

 

 「鬼は外、福は内」と言ってとりあえず豆をなげる!というご家庭も多いと思いますが、正しい作法はこちらです。

 

1、福豆を用意します

炒った豆のことを福豆といい、瓶に入れて豆まきをする日まで神棚に置いておきます。生の豆を使わないのは、そこから芽が出ると縁起が悪いとされるからです。

 

2、豆まきは夜にする

夜になると鬼はやってくるので、豆まきは夜に行います。

 

3、一家の主人が豆をまく

節分で豆をまくのはその家の家長や長男、もしくは長女や厄年の人。

 

4、豆をまくのは奥の部屋から

豆をまく前に玄関や部屋の窓をあけて、奥の部屋から豆をまいていきます。その時に開いた窓に向かって「鬼は外!」と言ってまき、「福は内!」と言って部屋の中にまく。豆をまいた部屋はすぐに窓を閉めて、最後は玄関で豆をまく。

 

5、自分の年の数だけ豆を食べる

年齢の数だけ豆を食べながら、一年の厄除けを願います。新しい年の厄除けになるので、一つ多く豆を食べます。

 

これが節分の正しい豆まきの仕方です。

今まで何となく豆まきをしていた人も、意味を知ると豆まきの仕方も変わりますね。

 ook92_onigekioko20150201190024




 

ちょっと変わった豆まき特集

 

 

節分に投げるのは豆だけではありません!そこで今回はちょっと変わった豆まきをご紹介させて頂きます。

 

三嶋神社「節分祭・厄除け際」(青森県)

こちらの神社ではなんとお菓子や落花生、ちくわなどをまいて境内に集まった人がビニール袋や帽子でキャッチするそうです。すごく斬新な豆まきですね。

 

鬼怒川温泉「大がらまき大会」(栃木県)

鬼怒川温泉の「鬼」と節分の「鬼」をかけた節分祭。イメージキャラクターの赤鬼・青鬼と鬼怒川温泉の女将さんがお菓子や福銭の入った福袋をまいてくれるありがたいお祭りです。

 

円鏡寺「節分豆まき・星まつり」(岐阜県)

円鏡寺の節分祭では赤鬼や青鬼、おかめに扮した厄年の人たちが、高さ3メートルもある赤鬼の張りぼてを持って町内を練り歩き悪魔払いをします。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか? 毎年行っている豆まきも、意外と正しい作法を知っている人は少ないです。

豆まきも日本に伝わる伝統行事。今年からは節分も正しい作法で行い、たくさんの福を家に呼びましょう!

-イベント, 気になる雑学