Collar Life!

日常に彩を!

気になる雑学

節分の由来を子供にも超簡単に説明できる!

2017/01/16

devil-34658_1280

節分と言えば「鬼は外、福は内」と言って豆をまき、年の分だけ豆を食べるのを誰もが知っている伝統行事です。

 でも、どうして節分の日になると鬼は外と言って豆をなげるのでしょうか?

 子供は大人と違って色んなことに疑問を持って質問してきます。今回は子供にも説明できる為に、節分の意味についてご紹介致します!

 

スポンサードリンク







 

節分と豆まきの意味は?

誰もが知っている「節分」と「豆まき」という言葉ですが、意味や由来を知っている人は意外と少ないはず

 節分とは本来、「季節を分ける」という意味があり、立春・立夏・立秋・立冬の前日が節分になります。

 

ということは節分は一年に4回あることになりますが、どうして1回しかないのでしょうか?

 その理由は旧暦では立春が一年の始まりとされていて、その前日の節分が多くの人達から親しまれてきたからです

 

つまり旧暦では大晦日が節分で、立春が元旦とされてきました。

 新しい一年が始まる前に、悪い邪気を追い払うために節分の行事が行われてきたということです。

 

でも気になるのが、、、どうして悪い邪気を追い払うために豆を投げるのでしょうか?

 豆には昔から魔除けの力があると伝えられてきました。これは語呂合わせで「魔目(魔物の目)に投げて魔()を滅()っする」という意味。

 

そして豆を食べることで豆の力を身体に取り入れて、健康で邪気に負けない力をつけると言われています。

 節分とは新年を迎える前に魔除けの力のある豆をまくことで、邪気を追い払うということですね。

ook92_akaiomenwokabuttaoni20150201190046

 

節分の由来を子供に伝えるなら?

これで節分の由来もわかりましたね。

それではこれを小さい子供に説明するには、どんな風に話せば良いのかをご説明致します。

 

「節分は昔の大晦日で、新しい一年を迎える前に悪い鬼を退治する日だったんだよ。

だから豆をまいて鬼を追い出してたんだね。

 

そうすれば新しい一年は悪いの事がおこらないようになるんだ。

 そして鬼を退治できる力を持った豆を食べることで、健康で強い身体を作ることができるんだ。」

 

こんな風に説明してあげれば、小さい子供にも節分の由来が伝わりますね。

スポンサードリンク



 

節分の由来を子供にも超簡単に説明できる!まとめ

日本にはいくつもの伝統文化がありますが、節分もその一つ。 何となく行っていた伝統行事も意味や由来を学ぶことでより面白くなりますよね。

 小さい子供でもわかりやすく節分の由来を伝えてあげれば理解してくれます。

 今年の節分は家族みんなで楽しんで、しっかり運気を家に入れていきましょう!

-気になる雑学