Collar Life!

日常に彩を!

気になる雑学

2月28日はビスケットの日?その由来は?クッキーとは違うの?

94b4cb5f76d4f1d40d134931e6bc6e85_s

あなたは知っていたでしょうか?実は2月28日がビスケットの日だということを!

 なぜ228日がビスケットの日なのか、、、そこには深〜い理由があるんです。

 

気になって調べたので、今回は228日がビスケットの日になった由来と、ビスケットとクッキーの違いについてご説明させて頂きます。

 こんな話を知っていればちょっとした話のネタにもなるので良いですよ!


 

スポンサードリンク




 

 

どうして228日がビスケットの日になったのか?その由来は?

 

 ビスケットの日は全国ビスケット協会が1980(昭和55)に制定しました。

 どうしてこの日をビスケットの日にしたのでしょうか?その由来は2つあります。

 

1つは、今から100年以上も前の1855(安政2)228日。

 この日、パンの製法を学ぶために長崎に来ていた水戸藩の柴田方庵が、

同藩の萩信之助にパン・ビスケットの製法を書いた「パン・ビスコイト製法書」を送りました。

 

これが日本で初めてビスケットの製法を書いた文書だと伝えられています。

 なぜビスケットの製法を送ったかというと、水戸藩はビスケットの保存性の高さに注目してその製法を知りたかったからです。

 

もう一つの由来については、ビスケットはラテン語で「ビス・コクトゥス(bis coctus)」と言って「2度焼かれたもの」という意味があります。

 柴田方庵の話とビスケットの意味から、「(2)どや(8)かれたもの」の語呂合わせで、228日がビスケットの日になったんです。

 今から100年以上も前から日本でビスケットがあったなんて驚きですね。

 

スポンサードリンク

 

ビスケットとクッキーの違いは?

 

 ビスケットとクッキー、よくよく考えたらこの2つの違いって何なのでしょう?

 実はこの違いがあるのは日本だけで、糖分やバターが40%以上あるものや手作りのもをクッキーと呼び、ビスケットと区別しているんです。

 

ちなみにアメリカはすべてクッキー、イギリスはビスケットと呼んでいます。

 ではどうして日本だけビスケットとクッキーを区別しているのでしょうか?

それは昭和46年の日本ではクッキーはビスケットよりも高価なものと勘違いしていたからです

 

消費者が混乱しない為にクッキーとビスケットを区別するようになったんですね。

 嘘のような本当の話で、ちゃんと公正競争規約にも記載されています。

 ただこれは自主的なルールなので全国ビスケット協会に所属していなければ、クッキーとビスケットのどちらを使っても大丈夫です。

 f2d9ee79b23f9767f634d548c1b0d5fe_s

 

2月28日はビスケットの日?その由来は?クッキーとは違うの?まとめ

 

普段なんとなく食べていたビスケットにこんな意味があったなんて驚きですね。

 大人になればあまり食べる機会が無いビスケット。たまには子ども心を思い出すためにも、美味しいビスケットを食べてみるのはいかがでしょうか?

-気になる雑学