Collar Life!

日常に彩を!

美容・健康

ノロウィルスの予防は?どんな食べ物なら大丈夫!?

68c259a05fc40784c8028fec948dea93_s

ノロウィルスと言えば12月がピークと言われますが、2月は最後の要注意シーズン

油断しているとノロウィルスにかかってしまうかもしれないので、気をつけて下さいね。

 さて今回はノロウィルスにかからない為の要注意な食べ物と、予防になる食べ物についてご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク




 

ノロウィルスってどんなウィルス?

 

 ノロウィルスとは小腸の粘膜で増殖するウィルス。たった100個以下のウィルスでも発症するほど感染力が強く、集団感染を引き起こすことでも有数です。

 インフルエンザと同じく寒い時期によくかかり、12月〜2月までは注意が必要

 

主な感染源としてはカキ、アサリらシジミなどの二枚貝が多く、中にはウィルスに汚染された水道水でも感染してしまうことがあります。

ただノロウィルスは熱に非常に弱く、85度以上で1分加熱すれば感染力は無くなります。つまり生ものは避けて、しっかり加熱した食べ物なら安心ということですね。

 

 

ノロウィルスにかかるとどうなるの?

 

 ノロウィルスの潜伏期間は13と言われていて、症状は激しい吐き気、下痢や嘔吐、腹痛などに襲われます。熱や頭痛の症状も見られる場合もあります。

実はノロウィルスに有効な薬はありません。かかった場合はしっかりと水分を取って安静にしていれば、23日で良くなります。

また厚生労働省によると、ノロウィルスにかかった場合は下痢止めは飲まない方が良いとのことです。

 

スポンサードリンク

 

ノロウィルスの原因はカキ?

 

 ノロウィルスの原因と言えばカキのイメージが強いですが、実はカキが原因では無いのです。

カキなどの二枚貝は海水を取り込んでプランクトンを餌にしています。二枚貝の生息地にも、人間の小腸で増殖したノロウィルスを含む生活用水が流れ込みます。

 

その結果、二枚貝が海水を取り込む時に一緒にノロウィルスも取り込んでしまうんですね

 つまりカキが直接の原因ではなく、私たち人間がその原因を作っていたんです

61849f479b0d6880b0f718db6b1d6a65_s

 

ノロウィルスを予防する食べ物は?

 

 風邪に効果的な食べ物があるように、ノロウィルスにも効果的な食べ物があります

そこでここではノロウィルスを予防する食べ物についてご紹介させて頂きます!

 

 

①ヨーグルト

 

ノロウィルスに効果的なヨーグルトとは「ラクトフェリン」を含んだヨーグルト。

ラクトフェリンとは母乳の初乳に含まれているたんぱく質のことです。

このたんぱく質は鉄分の吸収を高めたり、腸内の有用菌を増やして免疫力を高めてくれます

 

つまりラクトフェリンが腸内でノロウィルスと出会うと、その繁殖を抑えてくれるんですね。

 最近ではラクトフェリンヨーグルトも発売されているので、ノロウィルス予防にも是非オススメです!

 

 

②柿渋

 

柿渋とは渋柿を絞った汁のことで、実はノロウィルスをやっつける効果があります。

これは柿渋が持つ「タンニン」という成分がウィルスを無力化してくれるおかげです。

緑茶にもタンニンが含まれていますが、ノロウィルスには柿渋のほうが圧倒的に効果があります

 

 

③ヤクルト

 

ヤクルトの成分には乳酸菌シロタ株が含まれており、最近ではこの乳酸菌シロタ株がノロウィルスに効果的なことが明らかになりました

しかも乳酸菌シロタ株には発熱を抑える効果もあるので、ノロウィルスにかかった時も効果的です。

 特にオススメなのは「ヤクルト400」で、普通のヤクルトよりも乳酸菌がシロタ株が3倍多く含まれています

 

 

ノロウィルスの予防は?どんな食べ物なら大丈夫!?まとめ

 

著者もノロウィルスにかかったことがありますが、自分も辛く周りも大変です。

ノロウィルスは空気感染で周りの人に移ってしまう場合もありますからね。

 今年はしっかりとノロウィルス対策をして、健康に過ごして寒い冬を乗り切りましょう!

-美容・健康