Collar Life!

日常に彩を!

イベント 気になる雑学

恵方巻きを食べる方角があるのはなぜ!?誰が決めているの?

8b6c87f4f079ebb391988c017b9c93d8_s

節分の日に欠かせないのが「恵方巻き」。もともと関西地方の風習だった恵方巻きの文化が、

コンビニやスーパーでも売るようになり全国に広がりました。

 

この恵方巻きを食べる時、毎年決まった方角を向いて食べなければいけません

 そもそもどうして恵方巻きを食べる方角があるのか?そして誰がその方角を決めているのか?

 今回はそんな気になる疑問について調べたので、ご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク





 

恵方巻きを食べる方角は毎年決まっている!?

 

 恵方巻きは決まった方角を向いて黙って食べるのがルール。

他にも色んなルールがありますが、これだけは最低でもキチンと守りましょう。

 

では恵方巻きはどの方角を向いて食べれば良いのでしょうか?

それは年によって異なり、今年は北北西を向いて食べることになっています。

 

恵方巻きを食べるときに向く方角を「恵方」と呼び、

この方角には歳徳神という福徳の神様がいると言われています。

 

 

歳徳神ってどんな神様?

 

 歳徳神(としどくしん・とんどさん)は、陰陽道でその年の福徳を司る神様。

 この歳徳神には色んな説がありますが、とても美しい姫神様で色んなことに神秘的な作用をもたらすと伝えられています。

 

なぜ恵方巻きは恵方を向いて食べるかと言うと、この歳徳神のいる方角を向いて行うことはすべて吉になると言われているからです。

 また恵方は祟り神がやってこない良い方向とも言われています

 

スポンサードリンク

 

恵方巻きを食べる方角は誰が決めているの?毎年違う理由は?

 

 恵方巻きを食べる方角を恵方と呼びますが、これはその年の「十干(じっかん)」によって決まります。

 十干とは陰陽五行説「木・火・土・金・水」の五行と、「陰・陽」の「兄()・弟()」を対応させたもので10種類あります。

 その10種類が「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」で、恵方はこの十干によって次のように決まります。

 

甲・己→東北東

乙・庚→西南西

丙・辛→南南東

丁・壬→北北西

戊・癸→南南東

 

このようにその年の恵方の方角が決まります。

つまり恵方は節分の直前に決まったり、ランダムに決まるわけではなく、

十干によって決まっていて来年以降の方角もすべてわかるようになっています。

 84b9e969e905239fb3acedeaa387f53c_s

 

恵方巻きを食べる方角があるのはなぜ!?誰が決めているの?まとめ

いかがだったでしょうか?今では全国的に節分の日には恵方巻きを食べるようになりました。

 せっかく恵方巻きを食べるなら、恵方の方角を向いて今年の福を願いましょう。

-イベント, 気になる雑学