Collar Life!

日常に彩を!

イベント 気になる雑学

雛人形を処分するのはいつ?供養する方法は!?

014e80a7f039e15b7def5f6359990634_s

雛祭りになると女の子のいる家庭では雛人形を飾ります。

 雛人形は女の子の成長を願って、厄災を身代わりになってくれるものと伝えられています。

 

そんな雛祭りですが、飾らなくなった時はどうすればいいのでしょうか?

 女の子の厄災の身代わりになってくれていた雛人形なので、雑に扱ったり粗末にすることは出来ませんよね。

 そこで今回は雛人形を処分する時期と供養する方法についてご紹介させて頂きます。


スポンサードリンク





 

 

雛人形を処分する時期はいつ?

昔から雛人形を早く片付けないとお嫁に行けなくなると言われてきました。

 これは女の子がちゃんと育つようにという意味と、「片付く」が「お嫁に行く」という願いが込められていると伝えられています。

 女性が結婚すると親元を離れることが多くなりますが、その時雛人形はどうすれば良いのでしょうか?主に次の3つの考え方があるようです。

 

・雛人形を一緒に持っていき自分で飾る

・雛人形は持って行かずに、実家で両親が飾る

・雛人形の役目を終えたので供養して処分する

 

どれが正しいといったことはなく、住宅環境や個人の考え方によって雛人形をどうするのかが変わってきます。

 結婚を節目に雛人形の役目が終わり処分することもあれば、住宅環境で飾れなくなったりすると処分する家庭もあります。

 

雛人形の処分の方法は?

 

 女の子が幸せに成長するように、厄災を身代わりになってくれた雛人形。処分する時も大切にしたいですよね。

 そこで今回は雛人形の処分方法についてご紹介させて頂きます。

 

・ビッグ雛祭りに寄付

徳島県勝浦町や千葉県勝浦町では、全国からお雛様を集めて飾る「ビッグ雛祭り」という行事が開催されています。

 ビッグ雛祭りに雛人形を寄付するとお祭りに飾ってくれて、役割が終われば供養もしてくれます。

 

この地域の他にも、「南紀勝浦ひなめぐり」「信州須坂しあわせ雛祭り」「鴻巣びっくりひな祭り」などがあるので、調べて問い合わせてみるのも良いでしょう。

 もし寄付が難しい場合は、雛人形にこれまでの感謝の気持ちを込めて供養することが大切です。

 65c256ef97b6b51fafa0e8fed8d7c642_s

 

雛人形を供養する方法は?

 

 雛人形を供養するには次の方法があります。

 

・人形感謝祭・人形供養祭に参加する

・神社に相談する

・人形供養代行サービスを利用する

 

それぞれの供養方法についてご説明させて頂きますね。

 

 

・人形感謝祭・人形供養祭に参加する

 

雛人形をはじめ今まで大切にしてきた人形を供養してくれる供養祭や感謝祭が各地で行われています。

 こちらに参加して雛人形を供養することもできます。

 

 

・神社に相談する

 

神社ではお守りやお札など粗末に処分できないものを処分してくれます。

雛人形の処分の仕方も神社に相談すれば教えてくれますよ。

 

 

・人形供養代行サービスを利用する

 

人形供養祭に参加したり、神社に行くことが難しい場合は人形供養代行サービスも利用できます。

 ()日本人形協会ではゆうパックを使った人形供養の代行サービスを行っています。

 

サイトで申し込みすると人形差出キットが送られてきて、梱包したものを郵便局が取りに来てくれるサービスなのでとても便利です。

 こちらに預けた人形は毎年10月に行われる東京大神宮の人形供養祭で供養されるので、9月末までには送るようにしましょう。

 

参照ページはこちら

スポンサードリンク

 

雛人形を処分するのはいつ?供養する方法は!?まとめ

 

雛人形は女の子の身代わりになってくれていて、1人の女の子に1つ用意するものです。

 そのため親から子へと引き継ぐことはできないとされていますが、最近では必ずしもダメとは言えないようですね。

 

長く雛人形を大切にすることも大事ですが、飾らなくなった時にちゃんと供養することも大切です。

 これまでの感謝の気持ちを込めて、ちゃんと供養してあげましょう。

-イベント, 気になる雑学