Collar Life!

日常に彩を!

イベント 気になる雑学

厄払いの服装や初穂料はどうする!?マナーのポイントは?

8e62cb4b5e853b4cb2ec1c5a2e9d1a58_s

厄年になると気になるのが厄払いについて。

「目に見えるものしか信じない!」と考える人も、厄年だけは結構気になったりします。

 

いざ厄払いを受けに行こうと思っても、マナーを知らないと怖いですよね。

 服装はどうすれば良いのか?お金はどれくらいかかるのか?など色んな疑問があると思います。

 

そこで今回は厄払いの服装や費用、マナーについてご紹介させて頂きます。

 これを見てしっかりと厄払いしてもらいましょう!


スポンサードリンク





 

 

厄年について

まずは厄払いについてご説明させて頂きます。

 厄年とは病気や災難に遭うのが一番多い年とされ、一年間は色んなことに気をつけなければいけない年のことです。

 

男性は数え歳で25歳、42歳、61が厄年になり、女性だと19歳、33歳、35が厄年とされています。

 神社やお寺によっては男性が2歳、25歳、42歳、61歳とされ、女性が19歳、33歳、35歳、61歳としているところもあります。

 

厄年の中でも男性は42女性は33大厄といって最も大きな災難に遭う恐れがあると言われています。

 厄年はその前後1年を前厄・後厄と言って、前厄から3年間は災難に遭わないように注意が必要な年です。

 

厄年は数え歳になるので、11日を迎えたら1つ歳をとる計算になります。

 前厄を迎えたら、不幸や災難に遭わないためにも厄払いをするんですね。

 

 

厄払いをする時期はいつ?

 

 厄払いはいつ行けば良いのでしょうか?

 

ほとんどのお寺や神社では厄払いを一年中行っているので、いつでも行くことができます。

 一般的にはお正月に行く人や、旧正月の節分の日に行く人も多いので、お正月から節分までに行くと良いでしょう。

 また厄払いには仏滅や大安などは関係ないので、都合の良い時にいつでも行くことができますよ。

 

 

厄払いの初穂料って?お金はいくらかかる?

 

 厄払いで気になったくるのが費用ですよね。

厄払いをするにはお金はどれくらいかかるのでしょうか?

 

初穂料の目安は5000円から10000円が相場になります。

 神社やお寺によっては表記されているところもありますし、無ければ問い合わせて確認できます。

 たまに問い合わせた返答で「お気持ちの分だけ」と言われることもありますが、そんな時は相場の5000円〜10000円から決めましょう。

 

スポンサードリンク

 

初穂料の包み方は?のし袋がいい?

 

 初穂料の包み方はどうすれば良いのでしょうか?

渡し方には3種類あり、それぞれのお寺や神社によって違ってきます。

 

・現金で渡す

・のし袋に入れる

・白封筒に入れる

 

まず最初に厄払いしてもらうお寺か神社に問い合わせて、どのように渡せば良いか確認しましょう。

 大きなお寺や神社だと参拝者が多いので、スムーズに厄払いをする為に現金払いという所もあります。

 渡し方について特に指定が無ければ、のし袋でも白封筒でも構わないです。

 

のし袋を選ぶ場合は水引は紅白の蝶結びになります。厄払いなので間違って白黒の不祝儀袋を渡しそうになりますが、そこは気を付けて下さいね。

 また何回も厄除けしたくないので結び切りの水引も選びそうにもなりますが、初穂料は厄除けのお礼に渡すものなので蝶結びの水引で大丈夫です。

 もし結び切りで渡してしまうと、お寺や神社に対して失礼になってしまうので注意して下さい。

 

のしの書き方ですがお寺と神社によって異なります。

神社の場合は「御初穂料」か「御玉串料」と縦書き、お寺であれば「お布施」と縦書きになります。

 

その下に厄払いを受ける人の名前をフルネームで書き、中袋がない場合は裏に「金10000円」など算用数字で書きましょう。

 中袋がある場合は表面に「金壱万円」と縦書きで書いて、裏面の左下に住所と名前を書きます。

 お寺に渡す場合のお布施は弔辞では無いので、薄墨ではなく濃墨で書くので注意して下さいね。

 f680d81b2f8640832c2e8f3b3fcd426c_s

 

厄払いの時の服装やマナーは?

 

 いざ厄払いに行こうとすると、服装も何を着ればよいのか悩みますよね。

 厄払いの服装について特に決まりはありませんが、やはり神様や仏様に失礼のない格好が良いです。

 

男性は紺か黒のスーツに落ち着いた色のネクタイ、女性はフォーマルなスーツかワンピースを選びましょう。

 神社によってはホームページで服装について書いているところもあるので、一度確認するのも良いですね。

 ジーパンなどは不可の場所もあるので、気を付けて下さい。

 

・厄払い中のマナー

 厄払いが始まる時は事前の説明をしっかり聞いて静かにしましょう。

 祓い棒でお祓いしてもらう時は、頭を低くします。

 また神社などでは不浄を嫌うので、前日はしっかりと身体を洗って清潔にしておくことも大切ですよ。

 

 

厄払いの服装や初穂料はどうする!?マナーのポイントは?まとめ

 

初めて厄払いをしに行く時は、何を準備して良いのかわからないですよね。

 マナーと言っても難しくはないので、事前に確認しておけば安心です。

 ちゃんと厄払いをしてもらい、今年一年も健康で幸せな年にしましょう!

 

-イベント, 気になる雑学