Collar Life!

日常に彩を!

イベント 子育て

卒業式のストッキングの色は!?黒色やタイツでもいいの?

AL002-ashiwodoor20140722

子供の晴れ舞台になる卒業式。お子さん以上に気合いが入るお母さんもいらっしゃると思います。

 いざ卒業式に着ていく服を選ぶときに悩みの一つになるのが、ストッキングの色です。

 

厳粛な卒業式なのでカジュアルなストッキングがダメなのはわかりますが、

かと言って黒は良いのか?そしてタイツはダメなのか?など色んな疑問が出てきます。

 なので今回は、卒業式のストッキングの色やマナーについてご紹介させて頂きます。


スポンサードリンク





 

卒業式のストッキングの色に決まりはあるの?

卒業式の服装と同じく、ストッキングの色も明確に決まりやルールはありません。

 ただ卒業式もフォーマルな場面なので、派手な色やデザインのものはやっぱり避けた方が無難です。

 着ていく服装によってストッキングの色も変わりますが、オススメな色としてやベージュや黒などが良いでしょう。

 

黒色のスーツに黒のストッキングを合わす場合は、「」のイメージが出ないように注意が必要です。

 もし黒色のスーツとストッキング、そして真珠のネックレスなど着けてしまうとお葬式の格好になってしまいますからね。

 スーツとストッキングを黒色で合わせる場合は、アイテムで他の色を使うなどしてバランスを取るようにしましょう。

 

また「柄のストッキングはどうなの?」と疑問を持つお母さんもいると思います。

 基本的に卒業式で柄のストッキングはNGなので避けた方がいいです。

 足元にワンポイントだけ柄が入っているデザインなら大丈夫ですが、無難なのは単色で柄なしのストッキングが一番オススメです。

 

 

卒業式はタイツでも大丈夫?

 卒業式にストッキングではなくタイツは履いていけるのでしょうか?

 

ストッキングとタイツの違いですが糸の太さ(デニール)によって変わり、

30デニール以上のものをタイツ、30デニール未満のものをストッキングと呼びます。

 つまりストッキングのほうがタイツより薄手になるんですね。

 

卒業式と言えばまだまだ肌寒いシーズン。地域によってはストッキングじゃ寒すぎる!とタイツを選びたくなる気持ちも出てきます。

 履けるならストッキングの方がおすすめですが、寒さ対策としてタイツを選んでも構いません。

無理をして卒業式が台無しになっては元も子もないですからね。

 

スポンサードリンク

 

卒業式のストッキングを選ぶポイントは?

 

 卒業式でストッキングを選ぶ場合、色も重要ですが防寒対策も大切です。

 式の間はずっと座っているので、足元が冷えてくると寒くなります。

 

そこで寒さ対策としてお腹や背中にカイロを貼ったり、靴下用のカイロを外から見えないように貼るのも良いでしょう。

 タイツを履いていく場合は裏起毛用といって、モコモコとした保温性が高いタイプがあるのでこちらがオススメです。

 

またベージュのストッキングを選ぶ場合は、自分の肌よりワントーン暗いものがベスト。

ワントーン暗い色を選ぶと足が細くキレイに見えるのもポイントです!

もし自分の肌より明るい色を選んでしまうと、足元だけ浮いたようなイメージになります。

 

ベージュのストッキングを履く時に足のアザや傷が気になるという方は、

足用のファンデーションなどを使うと見えにくくなりますよ。

 53126e664b9196574910def822376aa0_s

 

まとめ

 

卒業式の服装を決めるとなると、色やデザインなど悩むところがたくさん出てきますよね。

 そんな時は無難にフォーマルな色やデザインを選んで買っておけば、他の行事や冠婚葬祭などでも使えるので便利です。

 

服装が決まれば、当日はしっかりと我が子の晴れ姿を見守ってあげましょう!

-イベント, 子育て