Collar Life!

日常に彩を!

気になる雑学 美容・健康

鼻水が止まらない時の5つの対処法!風邪も花粉も怖くない!

53f745b399646f14f7a6d2b9c09cc62f_s

風邪や花粉のせいで止まらない鼻水は辛いですよね。

熱が下がっても鼻水が止まらないと、仕事や勉強にもなかなか集中できません。

 

鼻水を抑えるための薬もたくさんありますが、出来れば薬が無くてもすぐに止めたいところ。

 そこで今回は、止まらない鼻水をすぐに止める対処法を5つご紹介させて頂きます!

 これで風邪や花粉の時も鼻水は怖くありません!

 

スポンサードリンク




 

どうして鼻水が出るの?

鼻水が出る原因は色々とありますが、その一つが寒さです。実は鼻水には体温調整の役割もあります。

寒くなると鼻の中が乾燥してしまうので、身体は鼻水を出すことによって体温の低下を防ごうとします。

 

そして二つ目の原因は風邪のウィルスや花粉です。

風邪をひいた時や花粉のアレルギーが出た時、体からウィルスや花粉を取り除こうとして鼻水が出るのです。

 

三つ目の原因は自律神経の乱れ。自律神経が乱れると鼻水が出やすくなるので、寝起きなど自律神経が乱れる時はよく鼻水が出ます。

 四つ目の原因は湯気です。熱い湯気を吸い込んだ時、熱い湯気から肺を守ろうとして鼻水が出ます。

ラーメンを食べるときは湯気に要注意して下さいね。

 

鼻水が出る原因については、ある程度わかったと思うので次に対処法をお伝えします!

 

 

鼻水を止める5つの対処法!

 

それではさっそく辛い鼻水を止める5つの対処法をご紹介させて頂きます。

 

・水を含んで鼻水を止める

 

これは魔法のように簡単な方法。

水をスプーン一杯ぐらい口に含んで、そのままの状態にします。すると鼻水が口に誘導されて鼻水が止まります。

場所問わず簡単にできるのでオススメの対処法です。

 

 

・蒸しタオルで鼻水を止める

 

お風呂に入ると鼻水が止まった経験はありませんか?

あれは体を温めることで、鼻の血管が膨張して通りが良くなるからです。

鼻を蒸しタオルで温めることで同じ効果を得られます。

 

まず水で濡らして絞ったタオルを、電子レンジで1分くらい温めます。

少し冷まして手に持てるようになったら、鼻の上に乗せて下さい。

 鼻の通りが良くなったと感じた瞬間に、思いっきり鼻をかんで鼻水を出し切ることがポイントです。

 

 

・ペットボトルを脇に挟んで鼻水を止める。

 

これまた不思議な方法ですが、ペットボトルを脇に挟むことで鼻水を止めることも出来ます。

 脇にはたくさんの自律神経が通っているため、ペットボトルで押さえることで鼻水の分泌を和らげてくれるからです。

 

この方法は鼻づまりも解消してくれます。

詰まっている鼻とは逆の脇にペットボトルを挟むと、鼻の中の血管が収縮して鼻の通りがよくなるのです。

 d6595a96d40a02092d3c0be7e8898d17_s

 

・ドライヤーで鼻水を止める

 

「ドライヤーで鼻水が止まるの?」と思った方もいるかもしれませんが、これがまた効きます。

方法はとても簡単で、ドライヤーでうなじを温めるだけです。

 

首が冷えると鼻水の症状がひどくなってしまうのですが、温めることで症状を抑えることができます。

 マフラーやカイロなどでも効果がありますが、即効性があるのがドライヤー。

うなじ付近には身体を温めるツボもあるので、ドライヤーを使うことによって身体全体も温まりますよ。

 

 

・鼻のツボを押して鼻水を止める

 

鼻のツボはいくつかあり、そこを押すことによって症状を和らげることもできます。

 

・迎香(げいこう)

このツボは小鼻の脇にあり、鼻のトラブル全体に効きます。

5秒間ゆっくり押すのを5回繰り返しましょう。

 

・鼻通(びつう)

鼻通は小鼻の少し上にあるくぼんだところのツボで、押すと鼻通りが良くなります。

 

・晴明(せいめい)

目頭の脇の部分で、眉の間を挟むとちょうどツボの位置になります。

鼻の症状も抑えて、目の疲れにも効果があるツボです。

 

スポンサードリンク

 

鼻水が止まらない時の5つの対処法!風邪も花粉も怖くない!まとめ

 

まさかこんなにも鼻水を止める方法があったとは驚きですね!

もうこれで鼻水が止まらないのも怖くはありません。

 風邪や花粉で辛くなる鼻水には、この対処法で解消しましょう!

-気になる雑学, 美容・健康