Collar Life!

日常に彩を!

イベント 花見

大阪造幣局桜の通り抜け!2017年の見ごろとアクセスは?

2017/03/25

c777f362f9cde63ea4979af342810edc_s

春と言えば花見!そして大阪の花見の名所と言えば、、、

そう!大阪造幣局桜の通り抜けです!

 

毎年60万人以上の人が、造幣局の花見を見ようと訪れます。

大阪の人気花見スポット第1位で、全国でも4位を誇る花見の名所です。

 

今回は大阪で一番の花見スポット、大阪造幣局桜の通り抜けについてご紹介させて頂きます!

 

スポンサードリンク




 

大阪造幣局桜の通り抜けって?

大阪で一番人気の花見スポットは、なんと造幣局の中にあります!

造幣局とはその名の通りお金を作るところなので、普段は一般公開されていません。

 

工場見学にも事前予約がいるほどの厳重体制ですが、通り抜けのシーズンだけ一般開放されるのです。

期間は一週間と短いので、ここぞとばがりに大勢の来園者が訪れます。

 

大阪造幣局の花見の歴史は古く、もともと造幣局のある場所は藤堂藩の大阪屋敷があった場所だと言われています。

 当時、藤堂家にはたくさんの桜の種類が植えられていました。

廃藩置県で造幣局が土地を引き継ぐことになった際、120種の400本もの桜を造幣局が移植しました。

 

1886(明治16)の時に「役人だけが花見を楽しむものではない」と、一般の人でも桜が見れるようになります。

第二次世界大戦で全焼するも職員の手で桜を集めて復活させ、大阪屈指の桜の名所として今も人気を誇っているのです。

 

 

大阪造幣局桜の通り抜けの2017年の見頃はいつ?アクセスは?

 大阪造幣局桜の通り抜けの期間については、3月中旬に正式発表があります。

 過去のデータを見みると開催期間は46日から12日の間が多く、2016年は48日から14日までの期間でした。

 

大阪の開花予想は、最近の早咲き傾向から咲き始めが325日で満開が42日頃

それに比べると造幣局の桜は遅咲で、2017年の日程も46日以降になるかと予想されます。

 

その都度、開花状況を公式サイトでチェックしておくことがオススメです。

 また大阪造幣局桜の通り抜けの詳細情報についてご紹介させて頂きますね。

 【場所】

大阪造幣局

【住所】

大阪府大阪市北区天満1-1-79

【電話】

ハローダイヤル

050-5548-8686

【期間】

4月中旬より一週間

【時間】

平日 10:00-21:00

休日 9:00-21:00

【アクセス】

・電車の場合

京阪「天満橋駅」より徒歩5

大阪市営地下鉄「天満橋駅」より徒歩5

 ・車の場合

阪神高速北浜出口から15

阪神高速北法円坂出口から10

 【公式サイト】

大阪造幣局公式HP

 

 車の場合は最寄り駐車場として、タイムズOMMビル第二駐車場があります。

ただし期間中は交通規制が敷かれるため公共交通機関のほうが良いでしょう。

 

スポンサードリンク

大阪造幣局桜の通り抜けの見所とライトアップは?

造幣局桜の通り抜けの見所は、なんと言っても桜の種類が豊富にあることです!

カンザン、ショウゲツ、オオテマリ、コデマリなどをはじめ130もの桜があります。

毎年一種だけ「今年の桜」として選ばれて特別紹介もされますよ。

 

桜の通り抜けは、造幣局の南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)の約560mの道が一般開放になります。

この道は一方通行で、敷地内でのレジャーシートを敷いての花見や、飲食が禁止されているので「通り抜け」と呼ばれているのです。

 

もちろん造幣局桜の通り抜けでも夜はライトアップがされて、ぼんぼりの灯りが幻想的な夜桜の景色を生み出します。

ライトアップの時間は日没から21時までです。

 

大阪造幣局の対岸にある毛馬桜ノ宮公園では、レジャーシートを敷いての花見ができます。

ここでも遅咲きのヤエザクラやヤマザクラが咲くので、造幣局と同じタイミングで花見が楽しめますよ。

また屋台も出るので花見と一緒にお祭り気分も味わえるのが魅力的です!

 ad7a6b2760ec51f0e48f9a2809790b9d_s

 

大阪造幣局桜の通り抜け!2017年の見ごろとアクセスは?まとめ

 

大阪造幣局桜の通り抜けは大阪で一番の桜の名所です。

貴重な桜の種類もあるので、園芸などの職人さんも見に来るほど。

 

段とは違う桜を楽しみたいなら、今年は是非とも大阪造幣局の桜の通り抜けに訪れてみましょう!

-イベント, 花見