Collar Life!

日常に彩を!

ビジネス 気になる雑学

新入社員の貯金の平均は?一人暮らしで100万円貯める方法!

335886c3d4b9ca6af8c4c6e94d946c91_s

就活で内定を勝ち取った人は、いよいよ4月から社会人生活がスタートしますね。

 

社会人になれば一人暮らしや結婚、車を買ったりと様々なことでお金が必要になります。

そのため貯金をしておくに越したことはありません!

 

そこで今回は新入社員の貯金の平均目安や、賢く貯金できる方法についてご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク



 

新入社員の平均的な貯金額はいくらぐらい?

社会人になると、色んなことでお金がかかるようになります。

 

仕事の付き合いや友達の結婚式、また車を買ったり結婚など、、、

給料が入っても、すぐに使ってしまうという人も多いのではないのでしょうか?

 

社会人になった時の貯金額は、実家暮らしか一人暮らしかによって大きく変わります。

 一般的に実家暮らしの場合は、貯金額は3万〜5万円が月平均の目安です。

 

ただし一人暮らしの場合だと生活費だけで14万〜18万円はかかるので、貯金が0円ということもよくあります。

 

住宅手当や会社の寮に入っている方でも、月平均の貯金額が2万円が目安です。

ちなみにマイナビが新卒の男女415人を調査した統計を参考にすると、社会人1年目の貯金額はこちらになります。

1  0円が86(20.7%)

2  50万円が56(13.5%)

3  10万円が47(11.3%)

4  30万円が42(10.1%)

5  100万円が36(8.7%)

貯金0円が割合的に一番多く、全体の20%を占めます。

また反対に貯金額が100万円あるという人は、全体の8%という少人数の結果でした。

 何かと出費が多い社会人にとって、貯金が100万円というのは一つ大きな目標かもしれませんね。

 

スポンサードリンク

新入社員でも100万円貯金する為にはどうすればいい?

貯金が100万円あれば、その安心感はまったく違ってきます。

好きなことで遊ぶこともできますし、急な出費にも対応することができますよ!

 

しかし、ただ闇雲に貯金をしようと思ってもなかなか難しいもの。

 

そこで今回は新入社員が賢く貯金できる方法をご紹介させて頂きます。

1、貯金の年間目標を決める

年間の貯金目標を決める人は多いと思いますが、気をつけなければいけないのは無理のない計画を立てること

 計画を立てる時はヤル気があるので、「これぐらいなら毎月貯金できるだろう!」と高い目標を考えてしまいがち。

 

大切なのは持続できる目標計画を立てることなので、出来る範囲でスタートしていきましょう。

 独身の新入社員の場合、一般的には年収の20%程度を貯金する人が多いです。

 そのため年収の20%を貯金すると考えて、残りを生活費や他の出費に振り分けるのも良いでしょう。

 

2、預金口座を2つ作って貯金する

口座が一つの場合、貯金と生活費を分けるのはなかなか難しいですよね。

そこで生活費専用口座と、貯金する為の専用口座で分けるのもオススメ!

 口座はあまりたくさん作ると効率が悪くなるので、2くらいが丁度良いです。

 

貯金の仕方は、まず給料が入ったら一ヶ月の生活費を生活費専用口座に移します。

そして生活費専用口座のキャッシュカードだけ使うようにすれば、残高の確認できますし、貯金に手をつけることも無いので安心です。

 

3、給与の自動積立や天引きのシステムを利用する

目標設定や口座を作る貯金も難しそうであれば、毎月もらう給料か自動的に貯金する方法もあります。

給料の自動積立や天引きのシステムを利用すれば、自分の意思には関わらず貯金ができるのが利点です。

 どうしても貯金する自信がない人は、この方法がオススメですよ!

 

新入社員で一人暮らしを始めたとしても、出来る範囲から貯金することで100万円を貯めることもできます。

 その為にも紹介した方法を活用して、少しでも貯金する習慣を身につけましょう!

c43a12f96013b5cc9c93e35109ff7a1b_s

 

新入社員の貯金の平均は?一人暮らしで100万円貯める方法!まとめ

いかがだったでしょうか?

新入社員で一人暮らしでも、工夫次第で100万円を貯金することは可能です。

できる範囲からでも毎月の給料から貯金を始めていきましょう。

必ずこれからの社会人生活で役に立ちますよ!

-ビジネス, 気になる雑学