Collar Life!

日常に彩を!

ビジネス 気になる雑学

新入社員の有給休暇はいつから?休みを取るのに理由はいる?

4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

今年の4月から新しく社会人になる方も多いでしょう。

学生生活とは違い、社会人生活には色んな決まりやルールがあります。

 

そんな中でも、新入社員にとって気になる一つが有給休暇について。

 会社によって有給休暇の規則も様々で、取れる会社もあれば取れない会社もあるとよく聞きますよね。

 

この有給休暇、新入社員はいつから取ることができるのでしょうか?

また有給を申請する時に理由はいるのでしょうか?

 今回はこれらの疑問にお答えして、新入社員の有給休暇についてご説明したいと思います。

 

スポンサードリンク




有給休暇を取る時に大切なことは?

新入社員になると、有給休暇について気になるところ。

有給休暇を取る前に、まず大切なことは自分の会社の就業規則をしっかり理解しておくこと。

 

初めて有給を取る場合などはわからないことも多いので、先輩や上司に確認することも大事。

 有給のシステムや取り方について、会社によって違ってくるのでしっかり確認しておきましょう。

新入社員の有給休暇はいつから取れる?

新入社員でも入社してから半年間ちゃんと勤務すれば、10日間の有給休暇が与えられます。

 

 労働基準法では6ヶ月間、継続して勤務した労働者には10日間の年次有給休暇を与えなければいけないと定めています。

 また有給休暇は勤務年数によって異なり、以下のようになります。

勤務年数に応じた年次有給休暇

1年後は11

2年後は12

3年後は14

4年後は16

5年後は18

6年後は20

7年目以降は20

労働基準法で定められている休暇が有給休暇と生理休暇。

この他にも会社によってはリフレッシュ休暇や年末年始休暇、結婚休暇などが取れるところもあります。

 

スポンサードリンク

 

有給休暇を取るには理由がいるの?

有給休暇とは本来、労働者への付与を経営者に義務付けたものです。

そのため新入社員を含めて会社員は、理由に関わらず有給を取ることができますし、許可を得る必要もありません。

 

つまり有給を取るのに理由はいらず、もし理由を聞かれても「私用」と答えても構わないということ

 

そうは言っても現実は難しい、、、と悩む人もいるでしょう。

 いくら権利として有給休暇が取れるとしても、会社に迷惑がかかれば自分の立場も気まずいですよね。

 

有給休暇を取る上で大切なのが、仕事に支障が出ないようにマナーを守ることです。

 会社が忙しい時期やプロジェクトが進行中の場合、自分の都合で有給休暇を取るのは避けた方が良いでしょう。

 

また有給休暇を取る場合は、自分の仕事の引き継ぎをしっかりしておくことも重要です。

 そして有給休暇を取らせてもらったら、必ず休み明けに同じチームや上司に感謝の気持ちを伝えることを忘れてはいけません。

 32fcf2c6be2cd08af8063377be8d6d19_s

 

新入社員の有給休暇はいつから?休みを取るのに理由はいる?まとめ

いかがだったでしょうか?

 

新入社員でも半年以上働けば有給休暇が与えられます。

 

新入社員の時期は、先輩や上司から働きぶりに注目される時期でもあります。

有給休暇を取る場合は、会社の規定をちゃんと理解して周りに迷惑をかけないことが大切ですよ。

-ビジネス, 気になる雑学