Collar Life!

日常に彩を!

気になる雑学 美容・健康

風邪の関節痛の原因は!?治し方は湿布より鎮痛剤が効く!

54833805193ebc8051a9ec6363280f6b_s

風邪をひいた時、辛い症状の一つが関節痛

関節痛がひどくて眠れない経験をした人もいるでしょう。

 

どうして風邪をひいた時に関節痛が起こるのでしょうか?

 今回は風邪をひいた時の関節痛の原因と、その治し方についてご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク




 

どうして風邪をひくと関節痛になるの?

風邪と一言で言っても、そのウィルスは200種類以上あります。

そのため風邪のウィルスを特定することは難しく、未だに風邪の特効薬が無いのはこれが原因です。

 

まずウィルスが身体に入ると、それを撃退しようと免疫が働きます。

免疫細胞が活動する時、その働きを活性化してくれるのがサイトカインという物質。

 

このサイトカインは白血球から分泌されますが、時に過剰に分泌されることもあります。

 免疫を活性化してくれるサイトカインも、過剰に分泌されると健康な臓器がダメージを受けるなどマイナスに働きます。

 

そのため、このサイトカインが過剰に分泌されないように抑制してくれるのが「PGE2(プロスタグランジンE2)呼ばれる物質です。

 サイトカインとPGE2が一緒に分泌されることで、健康的に風邪を治すことができるんですね。

 

ただし、このPGE2が分泌されると副作用で関節の痛みや熱が出る場合があります

 つまり風邪をひいた時の関節の痛みは、このPGE2が健全に働いている証拠だったんです。

 

スポンサードリンク

風邪の関節痛を和らげるには湿布よりも鎮痛剤?

風邪の時にどうして関節が痛くなるのかはわかりましたが、痛くなるのは困った話。

 早く風邪を治すためにも安静に眠りたいのに、関節痛がひどいと眠れない場合もあります。

 

関節痛を和らげるときにシップを貼ると良いと聞きますが、実はシップには関節痛を和らげる効果はありません。

 湿布は熱を持った患部には効果がありますが、PGE2の副作用で起こる関節痛には効かないのです。

 

そこで効果があるのが鎮痛剤

関節痛があまりにひどい場合は鎮痛剤を飲むと効果があります。

 その他にもラベンダーやペパーミントのアロマオイルも効果的で、鎮痛作用と気分を落ち着かせる効果がありますよ。

 

また微熱がある場合は風邪に効くお風呂の入り方をするのもオススメです。

正しいお風呂の入り方をすると免疫力が高まり、風邪を早く治すこともできるからです。

詳細はこちらの記事からどうぞ!

 「風邪を治すならお風呂に入る!?正しい入り方で早く治る!」

 

通常の風邪なら4日から5日ほどで治りますが、

2週間以上も関節痛や熱がある場合は別の病気の可能性もあるので、必ず病院で診てもらいましょう。

 7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s

 

風邪の関節痛の原因は!?治し方は湿布より鎮痛剤が効く!まとめ

 

いかがだったでしょうか?

風邪をひいた時に起こる関節痛は、実はウィルスに戦っている証拠だったんですね。

そう考えると少しは関節痛も我慢できそうですが、それでも痛い場合は紹介した方法を使ってみることがオススメします。

-気になる雑学, 美容・健康