Collar Life!

日常に彩を!

気になる雑学 美容・健康

ガングリオンは病院で何科になる?治療費や期間は?

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

手首や足首、手の甲など様々なところにできるガングリオン

 

ガングリオンは痛みがなく自然消滅しますが、突然身体にしこりができるのは怖いですよね。

 どうしても不安、、、という方にオススメなのは、やっぱり病院で診てもらうこと。

 

でもガングリオンって病院の何科で診てもらえばいいのでしょうか?

また治療費や治療期間も気になりますよね。

 

そこで今回は、ガングリオンを病院で治療してもらう場合についてご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク



 

ガングリオンは何科を受けるといいの?

身体にしこりができるガングリオンは、病院て診てもらう場合は整形外科で診てもらうことがお勧めです。

 

近くに整形外科がない時は、形成外科や皮膚科でも診てもらうことができますが、

整形外科のほうが専門性が高く正確な診断ができます。

 

また整形外科でガングリオンを治療する場合は、治療方法が多いというメリットもあります。

 

スポンサードリンク

ガングリオンの治療費や期間は?

ガングリオンを治療する方法は主に4つあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 そのため医師としっかり相談して、自分にあった治療方法を選びましょう。

 

1、薬治療

薬の効果によって、ガングリオン内のゼリー状の液体を周りに散らす治療方法。

 治療がしにくい箇所にガングリオンが出来た場合に有効です。

 

薬治療のデメリットは再発の可能性が高く、他の箇所のガングリオンが移動する場合があります。

 費用は2000円〜3000円程で、薬を使用するため時間がかかるのが難点です。

 

2、穿刺(せんし)治療

注射を使ってガングリオンのゼリー状の液体を抜き取り、小さくする治療方法。

 傷跡も残らず即効性もあるので、ガングリオンの治療方法の中で一番選ばれます。

 

ただデメリットとしては薬治療と同じく再発しやすいこと。

 治療費は2000円〜3000円程なので、ガングリオンを早く何とかしたい人にお勧めです。

 

3、切除治療

ガングリオンをメスを使って切除する治療方法です。

 切除治療になる為、傷跡は残りますが再発の可能性はかなり低くなります。

 

保険が対象外のケースが多いので、治療費は2万〜3万円と高めになります。

 治療の内容によっては入院する場合もあるので、お金と時間がある人に適した治療方法です。

 

4、レーザー治療

最近ガングリオンの治療方法で人気になっているのがレーザー治療です。

 ガングリオンのレーザー治療は低出力なので痛みがありません。

 

デメリットとしては、ガングリオンを完全に治すためにほぼ毎日病院でレーザー治療する必要があり、

完治までに2ヶ月ほどかかることです。

 

レーザー治療の場合は保険が適用されるので費用は2000円ほど。

 時間に余裕がある人に向いている治療方法です。

 

以上がガングリオンの治療方法となります。

金銭面や時間面を考えながら、医師に相談して自分に合った治療方法を選びましょう。

ガングリオンは病院で何科になる?治療費や期間は?まとめ

インターネットでガングリオンの治療方法を探すと色々紹介されていて、

中にはガングリオンを押し潰す圧迫治療もあります。

 

 自分で簡単にできるというメリットを謳っていますが、痛みを伴う上に神経を傷つける可能性があるのでお勧めできません。

 すぐにガングリオンを治したい!という人は、ちゃんと病院で診てもらって治療することが一番です。

-気になる雑学, 美容・健康