Collar Life!

日常に彩を!

子育て 気になる雑学

子供が風邪をひいた時の食べ物は?症状別の食事はこれ!

74b5b8c484dc575028a72fafa10648a6_s

昨日は元気だったのに、今日の朝は風邪をひいてしまった。
子供は風邪をひきやすいので、こんなことがよくあります。

風邪は他の病気と違って特効薬が無いので、元気になるまで安静にするしかありません。
親としては、何とかして早く体調が良くなってほしいところですよね。

そこで今回は子供が風邪をひいた時のオススメの食べ物についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク



子供が風邪をひいた時に一番大事なことは?

子供が風邪をひいた時に、一番注意しないといけないのが脱水症状です。

子供は大人と比べて体の水分量が少ないのですが、よく汗をかきます。

 

子供の唇が渇いてきたり、口の中がネバネバするなどの症状が出てきたら脱水症状の前兆です。
またおしっこが黄色い時も注意して下さい。

 

水分補給はスポーツドリンクがオススメですし、家でも簡単に作れる経口補水液でも良いでしょう。
経口補水液のレシピはこちらです。

経口補水液のレシピ
・水  1ℓ
・砂糖  40グラム
・塩   3グラム

子供が飲みやすいように、レモン果汁などを加えるのも良いでしょう。

ただ、子供の脱水症状が治らない場合はすぐに病院に行く必要があります。

スポンサードリンク

 

子供が風邪をひいた時の症状別の食べ物!

風邪をひいた時には、4つの段階があります。

 

熱がどんどん上がっていく発熱期、熱の高さが一番ピークとなる繋留期(けいりゅうき)

熱が下がり始める解熱期、身体が回復に向かう回復期の4段階です。

 

子供の具合によってサイクル通りにいかない時もありますが、基本的な流れは覚えておくと良いでしょう。

それでは症状別の食事についてご紹介させて頂きます。

 

・発熱期、繋留期の食事

最初の段階である発熱期や繋留期は熱が主な症状となるので、身体の免疫を高める食事が重要になります。お勧めの食べ物はこちら。

 

・リンゴ
すりおろしにすることで、栄養補給と消化を助ける効果があります。

・ゼリー
消化が早くて手軽に栄養補給することができます。

・葛きり
葛根湯で馴染みのある漢方薬で、解熱作用があります。

また熱が出る発熱期や繋留期には水分補給も大切です。
食欲が無い時でも、水分補給はこまめにしましょう。

 

・解熱期の食事

解熱期に入ると熱が下がり始め、食欲が戻ってきます。
そのため消化がよく体力の回復をサポートできる食事が大切です。

 

オススメなのはうどんやおかゆなどの炭水化物

柔らかい食べ物は胃腸の負担がかからず、炭水化物はエネルギーの源になります。

また温かい食べ物を食べることで、解熱で身体が冷えることも防ぐことができます。

 

・回復期の食事

回復期になると食欲もかなり戻ってきます。風邪を治すためにビタミンがたくさん消費され、汗をかくことでミネラルも失われています。

 

なので食事は失われた栄養素を補給できるような食べ物にしましょう。

 

オススメなのは、ビタミンやミネラルがたくさん入っている白身魚や緑黄色野菜

回復期と言っても本調子ではないので、消化に良い料理にすることが大切です。煮込みうどんや野菜スープが良いでしょう。

 

回復期までくれば、あとは体調が元に戻るのを待つだけです。

子供はちょっと元気になると走り回ったりしますが、ちゃんと治るまでは安静にしておきましょう。

34e03cee6967e88c4169323fcaaafcbe_s

 

子供が風邪をひいた時の食べ物は?症状別の食事はこれ!まとめ

今回は子供の風邪の時にオススメな食べ物についてご紹介させて頂きました。

 

ただ高熱が3日以上続く場合は危険なので、その時はすぐに病院に連れて行きましょう。
詳細はこちらの記事にも載っています。

「子供の熱が下がらない!こんな熱の症状や期間の時は病院に!」

また吐き気がひどい場合は、無理に食べさす必要は無いので、水分補給だけはしっかり行って下さいね。

 

-子育て, 気になる雑学