Collar Life!

日常に彩を!

気になる雑学 美容・健康

紫外線の肌トラブル!ダメージを受けると老化が進行する!?

2017/03/15

0f50e86e0459c7053c78c5a96963fe40_s
夏が近づくにつれ、気になってくるのが紫外線

目には見えないからこそ、
肌にどんな影響があるのか不安になりますよね。

そこで今回は、紫外線の肌トラブルについてご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク




紫外線の種類によって肌への影響が違う?

紫外線は3種類あり、
UV-A、UV-B、UV-Cの3つに分けることができます。

UV-Cはオゾン層にほとんど吸収され、
地表に届くことがありません。

問題なのはUV-AとUV-Bの2つです。

UV-Bはオゾン層や雲によって少し遮られますが、
UV-Aは窓ガラスも通過してきます。

UV-AはUV-Bほど有害では無いのですが、
長時間浴びてしまうと真皮層まで届いてしまい、
肌の潤いに必要なコラーゲンなどが破壊されます。

UV-Bは肌への影響が大きく、日焼けの原因にもなります。

肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、
肌荒れするのもUV-Bの影響によるものなんですね。

どちらの紫外線も肌トラブルの原因になるので、
しっかりケアしていくことが大切です。

スポンサードリンク

紫外線による肌トラブルって何に?

紫外線を浴びすぎると、様々な肌トラブルの原因となります。
ここでは紫外線による肌トラブルをご説明させて頂きますね。

・肌のシミ

紫外線を浴びるとメラノサイトという
細胞が反応して、メラニン色素を作り出します。

メラニン色素は紫外線から肌を守ってくれますが、
シミの原因にもなります。

・しわ

紫外線を受けると、肌の水分を維持する
コラーゲンやエラスチンなどがダメージを受けます。

そのため肌の弾力が無くなってしまい、
シワの原因になるのです。

・肌荒れ

紫外線を受けることによって。
肌の水分が蒸発して乾燥してしまいます。

そのため肌のバリア機能が弱まり
肌荒れやかぶれが起こり、角質も厚くなります。

・ニキビ

紫外線を浴びると皮脂が酸化して、
これが毛穴を防ぐことによってニキビの原因となります。
紫外線による肌へのダメージはとても怖いですね。
また紫外線を浴びることによって、
肌の老化が急激に進んでしまいます。

年齢とともに出てくるシワやシミなども、
その原因が紫外線の場合があります。

光老化と呼ばれているくらい、
紫外線を浴びることによって肌は老化してしまいます。

さらに紫外線は目には見えませんが、
日焼けしてなくても肌の中でダメージが蓄積されます。

だからこそ普段からしっかり日焼け対策をして、
肌トラブルを防ぐことが大切です。

大人も子供も簡単にできる紫外線対策は、
こちらの記事で紹介しています。
「紫外線とは何?簡単に子供も大人も紫外線対策できる方法!」

df7a6a8c2c34b09958dc8a9502bb6340_s

まとめ

紫外線は肌に色んな影響を与えますが、
まだそのすべてが解明されたわけではありません。

気づけば最近シミやシワが増えてきた!とならないように、
普段から紫外線対策をすることが大切ですよ。

-気になる雑学, 美容・健康