Collar Life!

日常に彩を!

イベント 気になる雑学

鯉のぼりの由来!吹き流しや色に隠された意味とは!?

815472ab42e16a0880c60d2360f477b9_s
こどもの日が近づくと、
鯉のぼりが優雅に空を舞う光景が見れますね。

最近では鯉のぼりを飾る家も
少なくなってきましたが、昔から続く伝統行事なので
これからも続いてほしいところです。

ところで、
鯉のぼりはいつから始まるようになったのでしょうか?

なんとなくこどもの日が近づくと、
鯉のぼりを飾る家も多いと思います。

しかし鯉のぼりには、
実はとても深い意味が込められていたんですね。

そこで今回は鯉のぼりの由来や、
吹き流しの意味についてご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク




鯉のぼりの由来はいつから?

現代では当たり前となっている鯉のぼり。
その由来は江戸時代まで遡ります。

当時、武家の間では男の子が生まれると
馬印や幟(のぼり)を飾る風習がありました。

これには2つの意味があり、
1つは神様に対しての感謝と、
もう一つは我が子を災いから守ってほしいという
願いが込められていたのです。

江戸時代は医療技術も発展しておらず、
乳幼児の死亡率がとても高かったんですね。
赤ちゃんは7歳まで生きることが困難でした。

そのため幟を上げることで神様に見つけてもらい、
子供を守ってほしかったのです。

この武家の風習はやがて一般化していき、
特に町人の間に広がりました。

お金はあっても地位の低かった町人は、
何とか武家に対抗しようと幟の風習を進化させていきます。

そこに取り入れられたのが、
中国の故事にある「鯉の滝登り」の話です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
ここでも紹介させて頂きますね。

鯉の滝登り
はるか昔、中国の黄河には
流れが急な竜門と呼ばれる滝がありました。

その滝を登りきった魚は竜になれると言われていて、
数々の魚が挑戦しましたが、
登りきることはできませんでした。

しかし、その中で鯉だけが登り切ることができて、
竜になることができました。

これが鯉の滝登りの話で、
これを参考にして現代の鯉のぼりの風習が始まったのですね。

鯉のぼりの吹き流しってどんな意味?

鯉のぼりの吹き流しと言っても、
初めて聞く人も多いと思います。

吹き流しとは鯉のぼりの一番上に
付いているヒラヒラのこと。

吹き流しの歴史は古く、
それは戦国時代から魔除けとして使われていました。

吹き流しは中国の五行説が由来とされていて、
5つの色にはそれぞれ意味があります。

赤色が火、青色が木、金が地、
白が金、黒色が水を表しています。

中国の五行説では、
火・木・地・金・水の5つの元素が基本となって、
万物は変化して循環すると考えられていました。

そのため子供に邪気が襲いかかっても、
万物の源である5つの元素が守ってくれると
信じられていたのですね。

ポールの先端の球体にも意味があり、
回転球や天球と呼び神様への目印になります。

また下に付いている車輪のようなものは
矢車と呼ばれていて、弓矢の印を表しています。

車輪の形にすることでどこから災いや魔が来ても、
撃ち抜く意味が込められているんですね。

スポンサードリンク

鯉のぼりにも実は順番があった!?

色とりどりの鯉のぼりが
空を泳いでいる姿は、とても綺麗ですよね!

吹き流しに意味があるなら、
もちろん鯉のぼりにもちゃんと意味が込められています。

鯉のぼりは色に意味と順番があって、
1番上の黒色がお父さん、2番目の赤色がお母さん、
3番目の青色が子供を表しています。

つまり家族を象徴してるんですね!

そのため家族が増えると、
鯉のぼりの数も増えていきます。

家族の鯉のぼりを増やす場合は、
紫か緑がオススメですよ。

鯉のぼりは色だけでなく、
実は鱗にも隠された意味があります。

鯉のぼりの鱗の数はだいたい36枚あって、
6×6は36となり6はを表す数字になります。

一体それが何を表しているかと言うと、
中国の故事である「鯉の滝登り」に関係があるのです。

鯉が竜になった時の鱗の数は81枚
9×9で81となり、9はを示す数字になります。

つまり鯉が試練を乗り越えたことによって、
竜になったという意味が込められていたんです!

ん〜こう考えてみると、
こどもの日の鯉のぼりはとても意味深いことがわかりますね。
251ad3e6dba0f10df3a9057acc214b19_s

鯉のぼりの由来!吹き流しや色に隠された意味とは!?まとめ

いかがだったでしょうか?
毎年飾っていた鯉のぼりも、
由来や意味を知ることでより楽しむことができますね!

大切な我が子がすくすくと元気に育ってくれるように、
今年も鯉のぼりを空に飾りましょう!

-イベント, 気になる雑学