Collar Life!

日常に彩を!

イベント 気になる雑学

こどもの日の由来が超簡単にわかる!端午の節句との関係は?

161a85b345e510dcd4b5a38333f08635_s
5月5日と言えば、こどもの日

鯉のぼりを飾ったり、
初節句だと兜を飾ったりと準備が忙しいですよね。

さて、そんなこどもの日ですが
一体いつから始まったのでしょうか?

また端午の節句という言葉もよく聞きますが、
端午の節句とは何なのでしょうか?

今回はそんな疑問にお答えして、
こどもの日の由来を超簡単にご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク




こどもの日と端午の節句の由来は?

今でこそ5月5日はこどもの日とされていますが、
もともとは端午の節句としてお祝いされていました。

この節句とは何なのでしょうか?

節句とは季節の節目で、
江戸幕府が祝日として定めたのが起源と言われています。

端午の節句以外にも、
五節句と言って次のような節句がありますよ。

1月7日  人日(じんじつ)の節句  (七草の節句)
3月3日  上巳(じょうし)の節句  (桃の節句)
5月5日   端午の節句  (菖蒲の節句)
7月7日  七夕(しちせき)の節句
9月9日  重陽(ちょうよう)の節句  (菊の節句)

端午の節句はかつて女性の日とされていましたが、
鎌倉時代から男の子の風習となります。

起源は中国が始まりで、
中国では旧暦の5月は病が流行して人が亡くなることが多く、
特に5の数字が続く5月5日は縁起が悪いとされていました。

そのためこの日は薬草である菖蒲(しょうぶ)を門にさしたり、
お酒に漬からせて厄払いをしていました。

日本ではこの菖蒲が武士の尚武(しょうぶ)と同じ読み方で、
菖蒲の葉が剣に似ていたので、
いつしか男の子の日としての風習になったのです。

また端午の節句が日本でも5月5日になったのには理由があります。

端午とは月の端(はじめ)の午の日で、
もともと5月や5日などは関係ありませんでした。

そこから十二支の午が5番目だったので、
5月にお祝いされるようになったのです。

また端午の午(ご)と数字の5が同じ発音だったので、
5月5日が端午の節句になったんですね。

5月5日の端午の節句は、
1948年(昭和23年)に「こどもの人格を重んじ
こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日
として、こどもの日と制定されました。

これが現在のこどもの日の誕生になったのです!

スポンサードリンク

こどもの日(端午の節句)にはどうして鯉のぼりを飾るの?

鯉のぼりの由来については
こちらの記事にも詳しく記載していますが、
少しご紹介させて頂きますね。

「鯉のぼりの由来!吹き流しや色に隠された意味とは!?」

5月5日の端午の節句は、江戸時代になると
江戸城で将軍をお祝いする大切な日になりました。

そして将軍に男の子が生まれた時は、
同じ日に幟(のぼり)を立ててお祝いしていました。

これを始まりに将軍や武家に男の子が生まれると、
幟を立ててお祝いをするようになったんですね。

やがてこの風習は庶民にも広がり、
財力はあるが立場の弱かった町人に特に広がりました。

町人は武家に対抗するために、
幟の風習を独自に進化させていきます。

そしてその過程の中に、
中国の故事にある「鯉の滝登り」が取り入れられ、
現在の鯉のぼりが誕生しました。

つまり鯉のぼりには、我が子が立派に成長してほしいという
願いが込められていたんですね!

f04292eea3d0fae21eee444123b756d3_s

こどもの日の由来が超簡単にわかる!端午の節句との関係は?まとめ

こどもの日は、男の子が無事に元気に成長してほしい
という親心から生まれた日なんですね。

今まで何となくお祝いしていたこどもの日も、
由来や意味を知ることでより楽しめるのではないでしょうか?

-イベント, 気になる雑学