Collar Life!

日常に彩を!

ライフスタイル

キャンプ初心者も必見!持ち物リストと超便利グッズを紹介!

3d2b81d6563c0ea600f315cec40a04a0_s

キャンプは持ち物が多くて、
現地についてから「忘れてしまった!」
と気づくことがよくあります。

特に初めてのキャンプは、
何を持っていけばいいの?
とわからないことだらけ。

テントやテーブルはわかりますが、
細々した道具を全部把握するのは大変です。

そこで今回はキャンプ初心者の方でもばっちり準備ができる、
持ち物リストと便利グッズについてご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク




必見!キャンプに必要な持ち物リスト!

キャンプに行くなら、
色んな持ち物が必要になります。

現地についてから「忘れてしまった!」
とならないように、しっかり準備していきましょう!

それではさっそくキャンプに必要な
持ち物リストをご紹介させて頂きますね!

・持ち物リスト
(テントグッズ)
□テント
□ペグ
□ハンマー
□自在付きロープ
□テーブル
□チェア
□グランドシート
□テントマット
□タープ
□寝袋
□まくら
□バスタオル
□ハンモック
□ランタン
□ランタンハンガー
□ランタンスタンド
□ヘッドライト

(料理グッズ)
□バーベキューグリル
□カセットコンロ
□ダッチオーブン
□炭
□炭用トング
□着火剤
□軍手
□火消し壺(蓋つきのペンキ缶でもOK)
□ゴミ袋
□ウェットティッシュ
□コンロ用燃料
□湯沸かしケトル
□クーラーボックス
□ウォータータンク
□ロック氷
□食器
□カトラリーセット
□包丁
□まな板
□トング
□おたま
□ピーラー
□キッチンバサミ
□ボウル
□ざる
□小分けトレイ
□タワシ
□アルミホイル
□キッチンペーパー
□固形石鹸
□ふきん
□雑巾用タオル
□新聞紙
□レジ袋

(その他)
□虫除けグッズ
□レインウェア
□スポーツサンダル
□歯磨きセット
□傘など雨具
□日焼け止め
□絆創膏
□洗濯バサミ
□洗濯洗剤
□輪ゴム
□S字フック
□懐中電灯
以上がキャンプに必要な持ち物リストになります。

初めてキャンプに行く人でも、
このリストを見れば大丈夫です!

スポンサードリンク

キャンプで大活躍の便利グッズたち!

キャンプに最低限必要な持ち物は、
先ほどのリストでお伝えさせて頂きました。

ここではキャンプに持っていくと大活躍してくれる、
便利なグッズたちをご紹介させて頂きますね!

・コット
快適な眠りを追求したい方にオススメなのがコットです!

コットはアウトドア用のベッドで、
地面との距離があるので冷気や凹凸も気にしなくて済みます。
しかも昼間は荷物置きになるという優れもの。

・折りたたみ式コンテナボックス
キャンプは荷物が多くて、
どうしても散らかってしまいます。

そこで便利なのが折りたたみ式コンテナボックス

移動中の車やキャンプ場でも
荷物をスッキリまとめることができ、
使わない時は折りたたんで収納できます。

網目状のボックスなら、
フタを開けなくても中身が見えるのでオススメです。

・キャリーワゴン
キャンプ場に着いてみると、
駐車場からキャンプ場まで遠かった!
ということがよくあります。

重い荷物を手で運ぶのは大変。
そこで活躍するのがキャリーワゴン!

たくさんあるキャンプの荷物も、
一度に運べるので便利です。

ドライネット
キャンプと言えばバーベキューですが、
後片付けの食器を拭くのは大変ですよね。

そんな時に超便利なアイテムがこのドライネットです!

洗い終わった食器を中に入れて、
テントやランタンハンガーに吊るしておけば自然乾燥できますよ。

・チャコスタ
あまり馴染みのない名前ですが、
バーベキューで火をおこす時に大活躍してくれます!

木炭と火種を中に入れて放っておくだけで、
簡単に火が起こせる便利なアイテムです。

・飾りフラッグ
飾りフラッグとはテントに付けたりして、
楽しい演出をするアイテムです。

キャンプ場にはたくさんのテントがあるので、
すぐに自分のテントを見つけれる目印にもなりますよ。

またキャンプに行く時は気温に注意して下さい。

真夏であれば寒すぎることは滅多にありませんが、
ゴールデンウィークや秋頃になると、
場所によっては寒い場合もあります。

そんな時でも対応できるように、
上着を余分に持っていくことがオススメです。

be2c1184bd5a552ad8f1698978b0da18_s

キャンプ初心者も必見!持ち物リストと超便利グッズを紹介!まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はキャンプで必要な持ち物リストと
便利グッズをご紹介させて頂きました。

キャンプの準備が出来たら、
当日は家の戸締りやガスの元栓も
しっかりチェックすることも大切です。

今年のキャンプは忘れ物せず楽しみましょう!

-ライフスタイル