Collar Life!

日常に彩を!

イベント

浅草三社祭りの2017年の日程は?屋台や見所と言えば!?

2017/03/30

913518bb7435419428bd3087148bd199_s

夏になったらお祭りシーズンが始まりますが、
それより早くお祭りを楽しめるのが浅草の三社祭

三社祭りと言えば法被をきた男たちが神輿を担いで、
街を練り歩くのが見ものですよね。

昔ながらの江戸っ子のお祭りが味わえるのが人気で、
最近では海外からの観光客が増えているほど!

そこで今回は浅草三社祭りの2017年の日程と、
屋台や見所についてご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク




浅草三社祭りの2017年の日程は?

毎年たくさんの観光客で賑わう浅草三社祭り

この祭りは毎年5月の第三金曜・土曜・日曜に行われていて、
2017年の日程は5月19日(金)・20日(土)・21日(日)の三日間です!

その他の詳細について、ご紹介させて頂きますね。

浅草三社祭り
【日程】
5月19日(金)〜21日(日)
【場所】
東京都台東区浅草2-3-1
【アクセス】
地下鉄 東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩7分
地下鉄 都営地下鉄浅草線「浅草駅」から徒歩9分
東京スカイツリーライン「浅草駅」から徒歩7分
つくばエクスプレス「浅草駅」から徒歩10分
【お問い合わせ】
03-3844-1575
【公式サイト】
浅草神社

週末の3日間で行われるので、
見に行きやすいのも人気のポイントですね。

浅草三社祭りってどんなお祭り?

浅草の三社祭(さんじゃまつり)は、
正式には「浅草神社例大祭」と言います。

浅草神社は三社様の名前で知れ渡っていて、
三人の神様を三柱として祀っています。

その神様とは,
「土師真中知命(はじのあたいなかとみのみこと)」、
「檜前浜成命(ひのくまはまなりのみこと)」、
「檜前武成命(ひのくまたけなりのみこと)」です。

この三人の神様と浅草寺と
神社には深い繋がりがあります。

その昔、隅田川で檜前浜成と檜前武成が
漁をしていると、網に像が引っかかりました。

不思議に思った二人は、
土師真中知にこの像は何かと尋ねました。

すると土師真中知は、
「これは観音様の像です。大切にしなさい」
と二人に話したのです。

そしてこの像を大切に崇めるために建てられたのが浅草寺で、
三人を神様として祀ったのが浅草神社になります。

もともと浅草寺には神様も仏様も一緒に祀られていましたが、
明治維新の神仏分離の時に浅草寺と浅草神社は分かれました。

同じ敷地内に浅草寺と浅草神社があるのには、
こんな経緯があったんですね!

スポンサードリンク

三社祭りの見所と言えば!?

三社祭りの一番の見所と言えば、
迫力ある御輿(みこし)です!

浅草神社の氏子衆が御輿を持って集結し、
その御輿の数はなんと100基あまりと言われているほど!

そして「魂振り」と言って、
御輿を振り回して農作を願い、
悪い病気を追い払う行事が有名です。

その荒々しさはまさに「これぞ日本の祭り!
と言わんばかりの、迫力ある光景ですよ!

100基もの御輿が集まるのが5月20日の土曜日で、
毎年12時から始まる「町内神輿連合渡御」では
御輿を担ぎ粋のある氏子衆を見ることができます。

最終日の21日(日)では、
神社が持つ三基のお神輿の登場です。

朝6時の「宮出し」で神輿が神社を出て各町内を回り、
夕方6時には「宮入り」となって神社に戻ってきます。

最後には「本社神輿御霊返しの儀」が始まって、
宿した神様は元の場所へと帰っていきます。

また三社祭では御輿以外にも
人気のイベントがたくさんあり、
その中でも初日に行われる「びんざさら舞」が人気!

びんざさ舞では108枚のヒノキの板を重ねた物を、
開いたり閉じたりすることで音を出します。

お神楽などか大行列となって練り歩く姿は必見です!

そしてお祭りと言えば「屋台」も忘れてはいけません!

三社祭が行われる三日間では、
わたあめや焼きそばなどの定番屋台から、
串焼きや煮物、珍しいB級グルメなど
たくさんの屋台が出店します。

三社祭の熱気とパワーで盛り上がってお腹が減ったら、
屋台でグルメを楽しみましょう!

c43d7a62f5c3f0b8c6c6c1de4ea4cd9c_s

浅草三社祭りの2017年の日程は?屋台や見所と言えば!?まとめ

今回は浅草三社祭りについて、
ご紹介させて頂きました!

熱い男たちの祭りを見ようと、
たくさんの海外からも観光客が集まるほどのお祭りです。

お祭りの迫力と熱気で盛り上がりますが、
くれぐれも御輿に巻き込まれないように気をつけて下さいね。

今年は浅草神社祭りで思いっきり祭りを楽しみましょう!

-イベント