Collar Life!

日常に彩を!

ライフスタイル

キャリーケースとスーツケースの違い!上手な選び方を伝授!

183265747b7de91b1fb849eece0c9f67_s

出張や家族旅行、海外旅行に行くとなると、
持っていく荷物も多くなりますよね。

そんな時に必要になるのが、
キャリーケースやスーツケース!

現地に着いてから
あれも持ってきたら良かった、、、
となっても時すでに遅し。

長期の旅行で必要なものを
全部収納できる旅行ケースを準備して、
快適な旅を満喫することが大切です。

そこで今回は旅行用のキャリーバッグや、
スーツケースの上手な選び方について
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク




旅行用キャリーケースとスーツケースの違いは何?

旅行に使うキャリーケースとスーツケースですが、
この2つはどう違うのでしょうか?

見た目は一緒なので同じように見えますが、
キャリーケースとスーツケースでは少し構造が違います。

どちらも長方形の形で、
キャスターがついて移動できるのは同じですね。

違いはケースの持ち手のハンドル(キャリーバー)が、
収納できるかできないかの点です。

キャリーケースはハンドルが
収納できるようになっているので、
中が少し凸凹になっています。

反対にスーツケースは
ハンドルが収納できないのですが、
その分中がフラットで使いやすいのが特徴。

ただ最近では、キャリーケースもスーツケースも
区別されることが少なくなったので、
呼び方はあまり気にしなくても大丈夫です。

スポンサードリンク

旅行ケースの上手な選び方は?

 
それではさっそく、キャリーケースや
スーツケースの上手な選び方について
ご紹介させて頂きます!
 

1、サイズを選ぶ

ケースを選ぶときにまず大切なのが
サイズを選ぶこと。
 
キャリーケースやスーツケースの
サイズ表記には何種類かあります。
 
中にはSS・S・M・L・LLといった表記もあるのですが、
この表記だとメーカーによってサイズが変わってくるので、
あまり正確ではありません。
 
そのためケースの大きさは
必ずセンチメートルで確認して、
容量はリットルで選ぶようにしましょう。
 
サイズが大きいとその分たくさん入りますが、
空港の検査で重量オーバーになる可能性もあるので注意が必要です。
 

2、カギ付きを選ぶ

スーツケースやキャリーケースを選ぶときに
重要になってくるポイントが、
カギ付きかどうかということ。
 
カギが付いていれば中身が
盗難される心配は無いですし、
安心できますよね!
 
このカギのことをTSAロックと言うのですが、
海外旅行をする時は特に必要になります。
 
日本の空港ではカギを掛けて荷物を
預けても何も言われませんが、米国領内の空港だと
カギをかけてはいけないルールがあります。
 
米国領内の空港では手荷物の検査が非常に厳しく、
万が一カギをかけて預けてしまうと、
カギを壊されてしまう場合もあるほど。
 
かと言って、カギをかけずに
荷物を預けるのは心配ですよね。
 
そこで誕生したのがTSAロックというカギで、
これはTSA職員だけが開けられる
特殊なカギになっています。
 
国内旅行であれば気にすることはないですが、
もしアメリカに旅行に行く時は、
TSAロックのケースを選びましょう!
 

・キャスターは丈夫で動きやすいものを選ぶ

キャリーケースやスーツケースの
運びやすさを左右するのがキャスターです。
 
キャスターは重い荷物を入れたバッグを
支えながら地面を転がすパーツなので、
丈夫で移動しやすいものを選ばなくてはいけません。
 
安いケースだと移動中にキャスターが
壊れてしまう可能性があります。
 
またキャスターは2輪タイプと4輪タイプがありますが、
4輪タイプの方が壊れにくく移動もしやすいのでオススメです。

341ab52e47b4217e95f0ae60899868aa_s
 

・軽くて丈夫なものを選ぶ

キャリーケースやスーツケースを購入する時は、
耐久性や重さも大切なポイントになります。
 
キャリーケースやスーツケースが重すぎると、
空港の検査で重量オーバーと判断されることがあります。
 
重量オーバーになると、
追加料金を何千円〜何万円と
取られてしまうので気をつけましょう。
 
ケースのものを重さは軽いもので約4キロ
重いものだと8キロもあります。
 
安価なケースになるほど、
重くて壊れやすい傾向があるので注意しましょう。
 
またキャリーケースやスーツケースの
耐久性を左右する素材には、
次のようなものがあります。
 
【ジュラルミン】
ドイツのRIMOWA社で有名なスーツケースが、
アルミニウムを使ったタイプです。
 
金属なので強度がありながらも、
軽量なのが特徴で、
価格は高額になります。
 
【ABS樹脂】
ABS樹脂は強化プラスチックの一種で、
ハードキャリーケースになります。
 
ABS樹脂は文具用品や家電製品など、
身近なところで使われている素材です。
 
ある程度の衝撃や雨にも強いのですが、
スーツケースやキャリーケースの
素材の中では一番重くなります。
 
【ポリカーボネート100%】
強化プラスチックの一種で、
ABS樹脂よりも強度があり柔軟性に長けています。
 
値段は少し高いですが衝撃や曲げにも強く
海外旅行にも安心して使うことができますよ。
 
【ポリカーボネート+ABS】
ポリカーボネートとABS樹脂を合わせた合成素材。
ABS樹脂よりも軽くて丈夫で、
100%ポリカーボネートよりお値段は安くなります。
 
【ナイロン】
ナイロンは外側が布で出来たケースになります
 
ソフトケースと呼ばれるもので非常に軽いのですが、
雨に当たると中が濡れてしまいます。
また強度もハードケースのタイプよりも弱いです。
 
【EVA】
EVAは混合素材を使ったソフトケースで、
復元性が高くて型崩れがしません。
 
ただしナイロンと同じく雨に弱く、
耐久性もハードケースよりも劣ります。
 
 
以上がキャリーケースや
スーツケースで使われている素材です。
 
価格や耐久性などトータル的に
考えた時にオススメなのが、ポリカーボネート100%
ポリカーボネート+ABSのどちらかが良いでしょう。
 
予算に余裕があるのであれば、
ポリカーボネート100%のほうが
軽いので移動がしやすいですよ。
 

キャリーケースとスーツケースの違い!上手な選び方を伝授!まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はキャリーケースやスーツケースの
上手な選び方についてご紹介させて頂きました。
 
一度購入すると長い間使うことになるので、
素材や使いやすさなどしっかり考えて、
自分にあった旅行ケースを選びましょう!

-ライフスタイル