Collar Life!

日常に彩を!

気になる雑学 美容・健康

ホタルイカの沖漬けにいる寄生虫は危険!?症状と対処法は?

88871942ff7b186d63617689aa1cd342_s

ホタルイカが美味しい季節になってきましたね!

沖漬けなどはお酒のアテにも人気が高く
居酒屋でもよく見るメニューです。

しかしそんな美味しいホタルイカですが、
危険な寄生虫がいることはご存知でしょうか?

そこで今回はホタルイカに
潜む危険な寄生虫について、
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク




ホタルイカに潜む寄生虫って?

沖漬けなどで人気のホタルイカですが、
まれに寄生虫が潜んでいることがあります。

それが旋尾線虫と呼ばれる寄生虫で、
2〜7%の確率でホタルイカに
寄生していると言われています。

この寄生虫は加熱や冷凍をすることで
死滅するのですが、生のままで食べると
人の身体の中で寄生するので非常に危険です。

旋尾線虫はホタルイカ以外にもスルメイカ、
ハタハタやスケトウダラなどにも寄生しています。

かつてはホタルイカを生食していた
北陸だけで問題になりましたが、
近年では全国的に被害が増加しています。

これは冷凍処理されないまま
遠隔輸送できるよになり、踊り食いや
内蔵付きの刺身などを食べてしまうことが原因です。

旋尾線虫の症状と対処法は?

ホタルイカなどに寄生している旋尾線虫が、
人の身体に寄生するとどんな症状がおこるのでしょうか?

旋尾線虫による症状には
大きく分けて二つあります。

一つは「皮膚爬行疹型」と呼ばれる症状で、
発症は生食後2週間ぐらいです。

腹部にミミズ腫れのような赤い皮疹が現れて、
そこから側腹部へと移動します。

これは幼虫が真皮を横に移動することが原因で起こり、
通過したあとに水疱が起こることもあります。

炎症がひどい場合はステロイドを
使うこともありますが、痛みがひどくなければ
2ヶ月ほどで自然消滅します。

皮疹の先を切開すれば、
寄生虫を摘出することが可能です。

もう一つの症状が「急性腹症型」で、
麻痺性腸閉塞と劇症腸閉塞の二種類があります。

麻痺性腸閉塞は生食後数時間から48時間に、
腹痛嘔吐などの症状があり、
2日〜10日間ほど続きます。

治療法は対症治療を行いながら
経過観察するか、保存治療が行われます。

劇症型腸閉塞の場合は
寄生虫が小さいので除去手術が難しく、
腸を切除して摘出しなければいけません。

スポンサードリンク

旋尾線虫の対処方法は?

ホタルイカに寄生する旋尾線虫は、
マイナス30度で24時間か100度で
30秒加熱することで死滅します。

そのため厚生省からもホタルイカの
販売については、次のような通知があります。

・内蔵の除去。(その後凍結が望ましい)
・内蔵を除去してから生食をするように表示する
・マイナス30度で4日間冷凍保存する

ただこれらの通知は義務では無いので、
被害が増加しているのが現状です。

内蔵を除去したとしても
幼虫が発見されることがあるので、
冷凍か加熱処理は必要です。

つまり旋尾線虫による感染を防ぐには、
生食をしないことが一番の予防と対処法になります。

36495da237b7048552fc040eace4120e_s

 

ホタルイカの沖漬けにいる寄生虫は危険!?症状と対処法は?まとめ

料理やお酒のアテで人気のホタルイカですが、
まさかこんなに怖い寄生虫がいたとは驚きです。

生食は人気がありますが、
後々痛い思いをしたくないのであれば、
ホタルイカの生食は避けたいところ。

もし寄生虫に感染した場合や不安な時は、
すぐに病院で診てもらいましょう。

-気になる雑学, 美容・健康