Collar Life!

日常に彩を!

イベント

父の日の由来が超簡単にわかる!実はこんな意味があった!?

82cb9347c6236accb8839ff3c002652c_s

5月の母の日のイメージが強いですが、
6月には父の日がありますよね!

いつも家族を支える為に
頑張ってくれるお父さんが主役になる日です。

そんな父の日ですが、
どんな由来があって誕生したのかご存知でしょうか?

そこにはかつて男手一人で家族を支えた、
あるお父さんの話が存在します。

そこで今回は、父の日の由来について
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク




父の日はどうして生まれたの?

6月と言えば父の日ですよね。

この日は普段家族のために、
頑張ってくれるお父さんに感謝を伝える日。

日本の父の日の文化は、
実はアメリカから伝わりました。

そう、母の日と同じなのですね。

しかも父の日が誕生したきっかけには、
母の日とも深い関係があります。

今から100年以上も前のアメリカに、
ソノラという女性がいました。

1861年、軍人だったソノラの父親は
南北戦争が始まると戦地へと招集されます。

父親が不在の間、ソノラの母親は一人で
6人の子供を育てて家族を支えました。

1865年に南北戦争が終わると
父親は家族のもとへ帰りましたが、
母親はそれまでの過労が原因でこの世を去りました。

ソノラの父親は再婚することもなく、
毎日働きながら子供を育てて、
6人の子供が成人した後に亡くなりました。

そんな父親の背中を見て育ったのが、
末っ子のソノラでした。

1909年、母の日の存在を知ったソノラは、
父親に感謝する日を作ってほしいと牧師協会に嘆願します。

その1年後の1910年6月19日、
父の日の祝典が初めて開催されました。

それから6年の月日が流れた1916年に、
当時アメリカ大統領だったウッドロー・ウィルソン
父の日の存在を知って演説を行います。

これがきっかけとなり、
父の日がアメリカ中に広がりました。

そこからさらに半世紀が経った1966年、
今度は第36代アメリカ大統領のリンドン・ジョンソンが、
6月の第三日曜日を正式に父の日と定めたのです。

そして1972年に父の日は国の記念日と制定されました。

父の日の誕生は、ソノラという女性の
父親への強い想いから始まったのですね!

スポンサードリンク

日本で父の日が出来たのはいつ?

アメリカで誕生した父の日が、
日本に広がり始めたのは1950年代の頃でした。

当時はまだ認知度が低かったのですが、
デパートなどが父の日のイベントをするようになり、
徐々に広がっていきます。

そして1980年代には一般化して、
現在の父の日が習慣化するようになりました。

またアメリカでは父の日にバラを贈る風習がありますが、
当初の日本では認知度が低かったため、
バラを贈る風習はありませんでした。

そこで1981年に社団法人日本メンズフッション協会
「日本ファザーズ・デイ委員会」を立ち上げて、
「黄色いリボンキャンペーン」を始めます。

黄色には「身を守る、愛する人を守る」と言った意味があり、
父の日には黄色いバラや黄色いリボンが巻かれた
プレゼントをするようになりました。

この委員会では毎年「ベスト・ファザー・イエロー賞」が開催されていて、
日本で一番素敵なお父さんを選ぶイベントも行われています。

98c16508a3146c36d687e2979ea0d376_s

父の日の由来が超簡単にわかる!実はこんな意味があった!?まとめ

今回は父の日の由来について、
ご紹介させて頂きました。

ソノラという女の子の父親への想いは、
すごく心に響くものがありましたね。

普段は恥ずかしくてお父さんに
感謝を伝えることができない人も、
今年の父の日はプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか?

-イベント