Collar Life!

日常に彩を!

イベント 祭り・花火

隅田川花火大会2017!日程はいつ?屋形船と穴場5選を紹介!

e617086398a93e9b2a3aedbb31554bbd_s

今年も隅田川花火大会の時期が近づいてきましたね!

隅田川花火大会は江戸時代から続く、
日本最古の花火大会。

全国でも有名で、
毎年たくさんの観覧客で賑わっています。

そこで今回は隅田川花火大会2017年の日程と、
屋形船やオススメの穴場スポットについて
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク




隅田川花火大会の2017年の日程は?

隅田川花火大会は毎年7月の最終土曜日に開催されるので、
2017年は7月29日(土)が開催予定となっています。

雨天の場合は30日(日)に変更となります。
(両日とも雨天なら中止)

その他の詳細についても
ご紹介させて頂きます!

【日程】
2017年7月29日(土)
*雨天なら7月30日に変更
【場所】
東京都墨田区
第1会場は桜橋下流~言問橋上流
第2会場は駒形橋下流~厩橋上流
【時間】
19:05〜20:30
【アクセス】
・第1会場へのアクセス
東武鉄道・東京メトロ・
都営地下鉄の浅草駅から徒歩15分
・第2会場へのアクセス
都営地下鉄 蔵前駅から徒歩5分
【問い合わせ】
隅田川花火大会運営本部
03-5246-1111
【予想来場者数】
95万人
【打上玉数】
打合総数 20000発
(第1会場 9350発、第2会場10650発)
【公式サイト】
隅田川花火大会

 

隅田川花火大会の穴場スポットはどこ?

毎年100万人近くの観覧客が訪れる隅田川花火大会。

花火大会なので混雑しているのは仕方ないですが、
出来れば穴場スポットでゆっくり観覧したいですよね!

そこで今回は隅田川花火大会の
穴場スポットをご紹介させて頂きます。

・水戸街道(国道6号)

水戸街道では隅田川花火大会の第1会場と、
第2会場の両方の花火を見ることができます。

花火大会の当日には歩行者解放区域もできるので、
オススメのスポットです!

・汐入公園内土手

花火大会から少し距離はありますが、
ゆったりと土手から花火を見ることができます!

・コモディイイダ東向島店の屋上駐車場

隅田川の近くでなんと先着約300名の人たちに
屋上駐車場を解放してくれる超オススメのスポット!

駐車場から観覧する為には
ポイントカードを作る条件などがあるので、
念のためお店に確認する方が良いでしょう。

・銅像堀公園

近くに高い建物が無く、
花火も間近で打ち上げられるので眺めが最高です!

・タワーホール船堀の展望塔

少し距離がありますが、隅田川花火大会の
第1会場と第2会場の両方を見ることができます!

展望塔への入場は無料で、
あまり人も混まないので絶好の穴場スポットですね。

スポンサードリンク

隅田川花火大会を屋形船で楽しもう!

隅田川花火大会をもっと特別に楽しみたい!
という方にオススメなのが屋形船からの観覧です!

屋形船ではゆっくりと花火を観覧しながら、
美味しい料理も楽しむことができます。

今年は屋形船で花火を見たい!と考えている人は、
4月中旬から予約を始めている屋形船も多いので、
早めに予約しておきましょう。

一ヶ月前だとほとんど予約が満席に
なっているので気をつけてください。

花火大会の時は料金が通常価格よりも高くなり、
だいたい3万円くらいが相場になります。

子供は小学校高学年から乗船することができますが、
料金は大人と同じところが多いです。

屋形船もお店によって特徴があり、
公式サイトで確認することができますよ。

・品川 船清
公式サイトはこちら


・屋形船濱田屋
公式サイトはこちら


・東雲  日の出屋
公式サイトはこちら


・江戸川  須原屋

公式サイトはこちら


・浅草橋  船宿田中屋

公式サイトはこちら

屋形船から見る花火も風流があり、
かなりオススメです!

e02cb17db369d0ff9a69c5ec7e0f492d_s

隅田川花火大会2017!日程はいつ?屋形船と穴場5選を紹介!まとめ

いかがだったでしょうか?
今年の隅田川花火大会も多くの
観覧客が来ることが予想されます。

せっかく花火大会を見に行くなら、
穴場スポットでゆっくり楽しむか、
屋形船で特別な時間を過ごすのも良いですね!

-イベント, 祭り・花火