Collar Life!

日常に彩を!

気になる雑学

初盆・新盆のお返しの金額相場は?品物やのしはどうするの?

8fc6f7000dce86058e022ddda7e7fee1_s

毎年夏になるとお盆の時期がやってきます。

初盆や新盆は故人にとって初めて迎えるお盆のことで、
僧侶や故人と親交があった人たちを呼んで法要を行います。

そこで気になってくるのが、
新盆や初盆のお返しについてですよね。

「どんな品物を選んだらいいのか?」
「金額はいくらぐらいなのか?」

など疑問に思うことが、たくさんあると思います。

そこで今回は初盆や新盆のお返しの金額の相場や、
品物や熨斗(のし)などについてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク




初盆・新盆のお返しの金額の相場は?

初盆や新盆では普通のお盆とは違って、
僧侶や故人と親しかった人たちを招いて法要を行います。

その際、香典を頂いた際にお返しを渡すことになります。

お返しの金額の相場は、頂いた香典の金額の
半額か3分の1くらいが一般的です。
 
香典の金額は3000円〜10000円が多いので、
お返しの相場としては1500円〜3000円くらいの
物を用意しましょう。
 
お返しを渡すタイミングは、
法要が終わって参列者の方が帰られる時に渡します。

もし高価な香典を頂いた時は、
後日改めて別途のお礼の品を送ります。

また初盆に参加できなかった人で
先に香典を頂いている場合は、
お礼状と合わせて引き物を送ることが大切です。

送るタイミングはお盆が過ぎたら
すぐに送る方が良いでしょう。

お返しの品物はどうするの?

初盆や新盆のお返しで悩むのが
どんな物を選んだらいいの?」ということ。

基本的には消耗品が良いでしょう。
なぜなら長く使うものだと、
見るたびに葬儀を思い出す人もいるからです。

お返しの品物によく選ばれるものには、
次のようなものがあります。

・水羊羹
・お菓子の詰め合わせ
・そうめん
・お茶・紅茶のセット
・コーヒーのセット
・洗剤
・フルーツゼリー

できれば夏場でも日持ちするものが良いですね。

またお返しは事前に用意するので、
当日足らないことを防ぐために
少し多めに用意しておきましょう。

高額な香典を頂いた場合は
後日改めてお返しを送りますが、
最近はカタログギフトなどが一般的です。

スポンサードリンク

熨斗(のし)はどうするの?

新盆や初盆のお返しを渡す時に、
もちろん熨斗(のし)も必要になります。

熨斗の書き方は地域によって様々で、
下記のように何通りかあります。

「新盆志」「初新盆志」「志」「初盆志」
「御初盆志」「初盆供養」「新盆供養」「粗供養」

関東では「志」、関西では「粗供養」を使うことが多いです。

下段には施主の氏名か、
◯◯家のように施主の家名を書きます。

熨斗にどの言葉を使うか迷った時は、
お世話になった葬儀屋さんや地元の仏具店、
近所の人に確認してみましょう。

cc370b9ad943c887791bcd183f5e926e_s

お礼状の書き方は?

法要に参列してもらった人たちに
お返しを渡す時は、お礼状も添えて渡します。

お礼状の書き方には、
いくつか注意点があるので気をつけましょう。

・故人の名前を入れる。
・差出人の名前をフルネームで入れる。
・文中に「、」や「。」などの句読点は使わない。

また初盆に参加できなかった人にお返しを送る時も、
お礼状を添えてお盆が過ぎたら早めに送ります。

初盆・新盆のお返しの金額相場は?品物やのしはどうするの?まとめ

初盆や新盆はお盆の中でも特別な意味があります。

故人が初めて家に帰ってくる期間なので、
失礼がないように準備することが大切です。

しっかり準備をして、
故人や参列者の方々を
迎えるようにしましょう。

-気になる雑学