Collar Life!

日常に彩を!

イベント 気になる雑学

七夕の由来や意味を簡単に説明!願い事をする本当の理由!

a4801d49d284606879be5ffc146d861e_s

7月7日と言えば、そう七夕ですよね!

七夕になると願いことを書いた短冊を、
笹の葉に吊るしてお願い事をします。

毎年当たり前のように行っている行事ですが、
その由来や意味は何なのでしょうか?
またどうして七夕になると願い事をするのでしょうか?

そこで今回はそんな気になる疑問にお答えして、
七夕の由来や意味についてご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク




七夕と由来と意味って?

七夕は古くからある日本の行事の一つで、
五節句の一つでもあります。

五節句には七夕以外にも3月3日のひな祭りや、
5月5日のこどもの日(端午の節句)などかありますよ。

そんな七夕ですが、由来は何なのでしょうか?

かつて日本には禊(みそき)という行事がありりました。

それは「乙女が着物を織って、
神様を迎えて秋の豊作を祈り、
人々のけがれを祓う」という意味がある神事。

その着物を織る乙女を「棚機女(たなばたつめ)」と言い、
清い水辺にある機屋(はたや)にこもって
神様に捧げる着物を織ります。

その着物を織る時に使われた織機を
棚機(たなばた)」と言いました。

時は流れ、お盆を迎える行事として、
7月7日に禊の行事が行われるようになります。

これが由来となって現在の七夕が、
「たなばた」と当て字で読むようになったのです。

七夕で願い事をする本当の理由って?

七夕で願いことをする風習は、
中国の「乞巧奠(きこうでん)」という
風習が始まりとされています。

乞巧奠とは7月7日の織女星の時に、
裁縫や機織りが上達するようにお願いをする風習のこと。

それが裁縫や機織だけでなく芸事や書道に広がり、
そして今では色んな願い事をするようになりました。

つまり七夕でお願いする本当の理由は、
もともとは裁縫や機織が上達するように
という意味があったのですね。

また願い事を短冊に書くようになったのは、
江戸時代に寺子屋にいた寺子たちが、
書道が上達するようにと短冊に書いたのが
起源だと言われています。

その短冊を飾る笹にも意味があります。
笹は古来より神聖なものとして扱われてきました。

笹は生命力が強く、風雪寒暖にも負けないので、
神事などにもよく使われてきました。

そして笹の葉がこすれ合う音は
神様を招く音と言われるほど神聖なものなので、
七夕でも笹が使われるようになったのですね。

スポンサードリンク

おりひめとひこぼしの話し

七夕で有名な話と言えば
おりひめとひこぼし」の話ですよね!

乞巧奠と同じくこの話も中国が起源と言われています。

おりひめは琴座のベガのことで、
裁縫を仕事とする織女星です。

そしてひこぼしは鷲座のアルタイルで、
農業の仕事を司る牽牛星のことを表しています。

おりひめとひこぼしの2つの星が、
天の川を挟んで最も綺麗に輝くのが7月7日です。

この一年に一度のめぐり合わせをきっかけに、
中国で有名なおりひめとひこぼしの話が生まれたのですね!

9c735536c0a35473f9c745cdeaa87f89_s

七夕の由来や意味を簡単に説明!願い事をする本当の理由!まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は七夕の由来や意味について
ご紹介させて頂きました。

毎年短冊に願いことを書いて笹に飾っていましたが、
こんなにも深い意味があったことに驚きです!

今年の七夕はどんな願い事を神様にお願いしますか?

-イベント, 気になる雑学