Collar Life!

日常に彩を!

イベント 子育て

七夕の由来!子供向けに簡単に説明できる方法はこれ!

afefc3225ed439124bc37bab20b59a72_s

7月と言えば祭りや花火、そして七夕ですね!

七夕と言えば願いことを短冊に書いたり、
おりひめとひこぼしの話があったりします。

大人になれば当たり前の行事でも、
子供にとってはそうはいきません!

「どうして七夕があるの?」
「なんで願い事をするの?」

など、気になったことはすぐに質問されますよね。

そんな時にしっかり答えてあげれるように、
今回は七夕の由来を子供向けに説明できる
方法をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク




七夕の由来って?

 
七夕の由来を子供に説明する為には、
まず自分が七夕について
知っておかないといけませんよね!
 
そこで七夕の由来について
簡単にご紹介させて頂きます。
 
昔の日本には禊(みそぎ)という行事があり、
乙女が着物を織って神様に捧げる神事がありました。
 
そこには秋の豊作や、人々のけがれを
はらう意味があったのですね。
 
そして着物を織る乙女のことを
棚機女(たなばたつめ)と言い、
着物を織る機を棚機(たなばた)と呼びました。
 
これが現在の七夕を「たなばた」と呼ぶ由来になります。
 
その後、この禊の行事はお盆を迎える
行事として7月7日に行われるようになります。
 
また七夕と言えば短冊に
願いことを書いて笹に飾ったり、
おりひめとひこぼしの話もありますよね!
 
子供にとっては「どうして?」と
疑問の対象になるので、この2つについても
簡単にご説明させて頂きます。
 
短冊にお願いことを書いて飾る習慣は、
もともと中国の乞巧奠(きこうでん)という
風習が由来となります。
 
乞巧奠では女性が裁縫や織物の上達を願う風習でしたが、
それが書道や芸道に広がり、今のように
色んな願い事をするようになりました。
 
短冊に書くのは、江戸時代に寺子屋の
寺子たちが書道の上達を願って書いたのが
始まりとされています。
 
ちなみに笹に飾るのは、
笹は古来より神聖なものとされているからです。
 
そして誰もが知っているおりひめとひこぼしのお話
これも中国が起源とされています。
 
琴座のベガであるおりひめと、
鷲座のアルタイルのひこぼしは、
7月7日に天の川を挟んで最も輝きます。
 
この一年に一度の巡り合わせをきっかけに、
中国ではおりひめとひこぼしの話が生まれました。
 
それでは次に子供向けに説明する方法を、
ご紹介させて頂きますね!

スポンサードリンク

七夕の由来を子供向けに簡単に説明しよう!

 
七夕の由来については知ることができたので、
今度は子供向けに簡単に説明する方法を
ご紹介させて頂きます。
 
先に紹介した七夕の由来、短冊の話、
おりひめとひこぼしの3つに分けてご説明しますね!
 
・七夕の由来
(子供向けに説明)
昔、女の人が神様に捧げる着物を作っていた時に
使った道具がたなばたと言われていたんだよ。
 
着物を神様に捧げることで秋になると
たくさん食べ物が取れて、みんなを悪いものから
守ってくれますようにとお願いしたんだ。
 
 
・短冊の話し
昔の人は着物を作ったり、
お裁縫がうまくなりますようにと
お願いしてたんだよ。
 
そこから字が上手に書けますようにとか、
習いことがうまくなりますようにって
色んなお願いことをするようになったんだ。
 
短冊に書くのは、昔の子供たちが
字がうまくなりますようにって
書いたから始まったんだよ。
 
 
・おりひめとひこぼしの話
おりひめとひこぼしは、
七夕の日になると天の川の近くまできて、
一番綺麗に輝くんだよ。
 
2人は一年に一度会うことができて、
その日が七夕なんだ。
 
 
以上が子供向けに簡単に説明する方法です。
 
子供がわかりやすいように、
他の話を付け加えてみたり、
絵に書いてみても良いかもしれませんね!
 
afefc3225ed439124bc37bab20b59a72_s

七夕の由来!子供向けに簡単に説明できる方法はこれ!まとめ

 
いかがだったでしょうか?
 
毎年七夕になると願い事を
短冊に書いて飾っていましたが、
実はこんな意味があったのですね!
 
子供は何にでも興味を持つもの!
 
聞かれた時に子供の疑問にちゃんと
答えられるように、しっかり覚えておきましょう。

-イベント, 子育て