Collar Life!

日常に彩を!

祭り・花火

多摩川花火大会2017の日程!場所取りにおすすめの穴場13選!

20cd85614185e05a0feb212d8b8c12e9_s

 

夏と言えば花火大会!ですよね。
今年も全国各地で色んな花火大会が開催されます。

「今年はどこの花火大会に行こうかな?」
とお悩みの方にオススメなのが、
多摩川花火大会

スターマインやナイアガラや、
音楽と花火をコラボレーションさせた
ハナビリュージョン」など見どころ満載です!

そこで今回は多摩川花火大会の2017年の日程や、
場所取りにおすすめの穴場スポットについて
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

多摩川花火大会2017年の日程は?

多摩川花火大会は東京都世田谷区の
たまがわ花火大会」と、神奈川県川崎市の
多摩川花火大会」が同時に開催される花火大会!

つまり二つの花火大会が一緒に楽しめるという、
かなりリッチな花火大会なんですね!

2つの花火大会で合計12000発もの花火が
打ち上げられて、毎年約50万人もの
観光客が訪れるほどの人気ぶり。

そんな今年の多摩川花火大会の日程は、
2017年8月19日(日)の開催予定となっています。
その他の詳細についてはこちらをどうぞ!

【日程】
2017年8月19日(日)
*荒天の場合は中止(順延なし)
【時間】
19:00~20:00
【場所】
世田谷区立二子玉川緑地運動場
川崎市高津区諏訪・多摩川河川敷
【アクセス】
世田谷区たまがわ花火大会会場
東急田園都市線「二子玉川駅」から徒歩5分
川崎市制記念多摩川花火大会会場
東急田園都市線「二子新地駅」から徒歩10分
【打ち上げ数】
多摩川花火大会 6000発
たまがわ花火大会 6000発
合計12000発
【来場者数】
約50万人
【問い合わせ】
03-5432-3333
(せたがやコール)
【公式サイト】
たまがわ花火大会

スポンサードリンク

多摩川花火大会の場所取りにおすすめの穴場13選!

毎年60万人もの観光客が訪れる多摩川花火大会。
やはり当日の人込みは避けられません。

でもせっかく花火大会を見に行くのなら、
穴場なスポットでゆっくり花火を楽しみたいですよね!

そこで今回は多摩川花火大会の
穴場スポットについてご紹介させて頂きます!

・宇奈根公園

迫力ある花火を楽しみたいなら、
オススメなのが宇奈根公園

穴場の中では人気スポットなので、
場所取りは出来れば午前中にしておく方が良いかも。

最寄駅は二子多摩川駅になりますが、
歩いて25分ほどかかります。

場所:宇奈根公園

・宇奈根キャンプ場

打ち上げ場所からは少し離れていますが、
花火は綺麗に見える穴場スポット!
人込みを避けて花火を鑑賞することができますよ。

場所:宇奈根キャンプ場

・東名高速周辺の河川敷

花火が綺麗に見える穴場スポット!
小田急線和泉多摩川駅から二子多摩川方面に
多摩川の土手を歩いて20分ほどで着きます。

子供も連れて花火を楽しみたい方には、
混雑も避けれるのでオススメですよ。

・宇奈根パーク

世田谷区側から花火が良く見えるスポット。
有名な穴場スポットですが、交通が激戦区になる
田園都市線を使わなくても良いのがメリットです。

最寄りの駅は南武線の「久地駅」か
「津田山駅」から徒歩20分で着きます。

場所:宇奈根パーク

・ローソン川崎久地二丁目店前

迫力ある花火を楽しむことができるのと、
コンビニがあるので食べ物やトイレに困らないので
オススメの穴場スポットです!

最寄駅は二子新地駅ですが帰りは非常に混雑するため、
早めに切り上げるか南武線まで歩く方が良いでしょう。

場所:ローソン川崎久地二丁目店前

・鎌田1丁目4付近の土手

ほとんど会場内と言えるぐらい近くで、
花火が楽しめる絶好の穴場スポット!

帰りはとても混雑するので
スムーズに帰りたい方は、フィナーレは
電車の中から見るぐらいが良いですね。

場所:鎌田1丁目4付近

・城学園前駅から喜多見駅にかかる橋

打ち上げ会場からは少し距離があるので
低い花火は見えませんが、大火の花火や
フィナーレは楽しむことができます。

交通規制は無いので、花火鑑賞中は
車に気を付けて下さいね。

場所:喜多見駅

・246高架下の駐車場

両方の花火大会が見える絶好の穴場スポット!
駐車場なので割と人も空いているのですが、
観覧禁止の可能性もあるので気をつけましょう。

・区立多摩川遊園

川崎側からのスポットで、
駅から遠いので割と空いています。
夕方からでも座れる可能性もありますよ!

花火が終わった後は「等々力駅」から
帰るのがオススメです。

場所:区立多摩川遊園

・小野神社

花火大会の会場からはかなり距離がありますが、
神社から花火を楽しめることができるスポット!

人込みを避けてゆっくり花火を
鑑賞したい人にピッタリですね。

場所:小野神社

・玉川高島屋屋上

穴場の中でも特にオススメなのが玉川高島屋屋上!
両方の花火大会を楽しむことが
できるのが魅力的なポイントです。

混雑する前に帰るか、少しゆっくりしてから
用賀駅を使って帰ると良いでしょう。

場所:玉川高島屋屋上

・日本体育大学世田谷キャンパス前

地元の人しかあまり知らない穴場スポットなので、
カップルで花火を楽しみたい方にもオススメ!

大学の中よりも周辺の坂の頂上の方が、
花火が良く見ることができます。

花火が終わった後は都立大学駅前から
帰ると空いていますよ!

場所:日本体育大学世田谷キャンパス前

・第三京浜の下流河川敷

川崎市側からの花火が良く見える
オススメの穴場スポット!

下流に行くほど人が空いているので、
ゆっくりと花火を楽しむことができますよ。

これだけ穴場があれば、
目的に合って選べるので良いですね!

a14f4101fb7f3d82e9ae00bffaf9542b_s

多摩川花火大会2017の日程!場所取りにおすすめの穴場13選!まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は多摩川花火大会の2017年の日程と、
場所取りにおすすめの穴場13選について
ご紹介させて頂きました。

二つの花火大会を同時に楽しめるという
かなりリッチな花火大会なので、
都合が合う人は是非とも訪れてみて下さいね!

穴場もたくさんあるので、
ゆっくり花火を楽しむことができますよ。

-祭り・花火