Collar Life!

日常に彩を!

子育て

ランドセルの上手な選び方!失敗しない為の5つのポイント!

829499708a199fd6082039a054e52dfa_s

 

実は多くの人が、ランドセルの間違った
選び方をしていることをご存知でしょうか?

 

ランドセルは小学校6年間ずっと使うもの。

もし間違った選び方をしてしまうと、
子供は6年間も不便のままです。

もちろん買い換えることはできますが、
価格も高いのであまりお勧めではありません。

つまり!

ランドセルは6年先のことも考えて、
慎重に選ばなくてはいけないのです!

「そうは言っても何を基準に
選んでいいかわからない。。。」

という方もたくさんいるでしょう。

そこで今回は、
絶対に失敗しないランドセルの
選び方についてご紹介させて頂きます。




スポンサードリンク

ランドセルの選び方でよくある失敗とは?

我が子が小学校に入学することが決まれば、
ランドセルは必ず購入します。

ランドセルは6年間使うことになるので、
安易に選んでしまうと後々後悔することに。。。

間違った選び方をしてしまい、
後悔している親もたくさんいます。

ではランドセルを選ぶ時によくある失敗とは、
一体どのような失敗なのでしょうか?

・キャラクターデザインのランドセルで失敗

よくある失敗例にキャラクターデザイン
ランドセルを選んで、後悔することがあります。

高学年になるとキャラクターデザインの
ランドセルは、かなり恥ずかしいと
感じるお子さんが多いです。

・サイズ違いのランドセルを選んでしまう

ランドセルを選ぶ時に、
重要になるのがサイズです。

よく「子供が小柄だから、
小さいランドセルにしよう!」
という人もいますが、これはNG

小さいランドセルは、A4サイズの
ファイルが入りづらい場合があり不便です。

3、6年間保証の落とし穴

ランドセルを購入する場合、
だいたい6年間保証が付いています。
(付いていない時は気をつけましょう。)

しかし、この6年保証もメーカーや
お店によって異なるので、しっかり内容を
確認しておかないと後悔することに、、、

4、ランドセルの重さで失敗

ランドセルは種類によって、
重さもかなり変わってきます。

ひょいと持ち上げれる軽いものから、
低学年には重いかも?と感じるなど様々。

価格やデザイン重視で選んでしまうと、
重さで失敗することもあるので、
気をつけましょう。

などなど、ランドセルを
購入する時には想像もつかなかった
失敗例がたくさんあります。

他にも「時間割ポケットが無かった」や、
耐久性が弱かった」など思わぬ
落とし穴があることも。

そんな失敗をしない為にも、次章では
失敗しないランドセルの選び方について、
ご紹介させて頂きますね!

スポンサードリンク

これで安心!失敗しないランドセルの選び方の5つのポイント!

ランドセルは使う期間が長いので、
6年先のことまで考えて選ぶことが大切です。

そのためにもランドセルで
失敗しない選び方のポイントについて、
ご説明させて頂きます。

・デザインはシンプル

ランドセルのデザインは、
シンプルなものがオススメです。

高学年になってからも使うので、
キャラクターデザインだと恥ずかしくて、
使いづらくなります。

お子さんがキャラクターデザインがほしいと
お願いする場合は、キーホルダーなど
取り外しできるアイテムで代用しましょう。

・素材選びは慎重に!

ランドセルを選ぶ際、
素材もとても大切です。

ランドセルの素材は主に3つで、
牛革・クラリーノ・馬皮があります。

それぞれの素材には、
次のような特徴があります。

【牛革】
・耐久性がある
・使い込むと味が出る
・雨や水に弱い
・価格は高い

【クラリーノ】
・軽くて丈夫
・雨や水に強い
・カラーバリエーションが豊富
・価格帯が安い

【馬皮】
・牛革以上の耐久性
・素材で最高級
・雨に弱い
・重さがある

ランドセルの素材選びは、
どこをポイントにするのかで変わります。

耐久性を求めるなら牛革や馬皮が良いですし、
軽さや汚れにくさならクラリーノ。

実際にお店で直接手にとってみて、
スタッフに確認することも大切です。

・6年間保証はしっかりチェック

ランドセルの6年間保証は、
お店やメーカーによって様々あります。

選ぶポイントは、
どこまで無償の保証が適応するのか?」と
修理中の貸出ランドセルはあるか?」という点です。

子供が故意にランドセルを
壊してしまっても、お店によっては
無償で修理してくれるところもあります。

また修理が長引く場合もあるので、
貸出ランドセルがあるかどうかも
しっかり確認しておきましょう。

・サイズや重さは合っているか?

毎日使うランドセルは、
サイズや重さがとても重要です。

サイズが小さすぎると、
A4ファイルが入らなかったり、
収納が不便になります。

またランドセルの重さについては、
1.1キロから1.4キロが平均的です。

ランドセルが重すぎると、
身体への負担も大きくなるので
気をつけましょう。

・子供の身体にフィットしているか?

子供の身体にランドセルが
フィットしているかどうかも大切です。

身体に合わないランドセルを使うと
負担がかかり、肩の食い込みや
肩ズレの原因になります。

大切なポイントは2つ!

1、ベルトが肩に密着している。

2、ランドセルが垂直になって、
背中との間に隙間がない。

身体にフィットしていれば、
ランドセル重さが分散されて、
快適に使うことができます。

c1f8847ddf3d3b7b783efff7fcf23f74_s

ランドセルの上手な選び方!失敗しない為の5つのポイント!まとめ

今回はランドセルの
失敗しない選び方について
ご紹介させて頂きました。

ランドセルは6年間使うもの。

大切な我が子が使いやすくて、
長く愛用できるものが良いですよね。

安易な選び方はせず、
先のことまで考えて選ぶことが大切です。

-子育て