Collar Life!

日常に彩を!

祭り・花火

仙台青葉祭り祭り2017の日程!すずめ踊りや見どころ満載!

1
 
 
「すずめ踊りの楽しさを知れば、
もう仙台からは帰れない。」
 
 
全国には変わった名前の、
気になるお祭りがたくさんあります。

仙台青葉祭りもその一つ。

青葉祭り…

初夏の訪れを感じる
おしゃれな名前ですね。

このお祭り、名前だけでなく
中身も魅力がいっぱい!

今年はお祭り気分を先取りしたい!
という方にもピッタリです。

今回は仙台青葉祭りの2017年の日程や、
すずめ踊りなど見どころについて、
ご紹介させて頂きます!




スポンサードリンク

仙台青葉祭りってどんなお祭り?

「仙台青葉祭りってどんなお祭りなの?」

と聞きたい方もいるでしょう。

仙台青葉祭りは、
江戸時代の仙台祭
起源とされる歴史あるお祭り。

明治時代になると青葉神社の
礼祭とされ、祭り日も9月から
伊達政宗の命日5月24日になりました。

昭和40年代の頃は
交通事情などで一旦途絶えるも、
政宗没後の350年(昭和60年)に復活。

市民がつくる市民の祭り」として、
今年で33回目を迎えます。

地元の食材や料理が味わえる「杜の市」。
江戸時代の町並みを再現した
伊達縁」など、見どころがたくさん!

中でも街のあちこちで行われる
仙台すずめ踊り」は、
このお祭りの人気のイベント!

仙台青葉祭りは、
「踊る!食べる!見る!」
楽しいお祭りになっていますよ。

仙台青葉祭りの2017年の日程は?

仙台市民が一丸となって
盛り上げる仙台青葉祭り。

今年の開催は宵まつりが5月20日(土)、
本祭りが5月21日(日)の開催予定です。

その他の詳細はこちら!

【日程】
2017年5月20日(土)、21日(日)
【場所】
宮城県仙台市中央部
【アクセス】
東北新幹線仙台駅西口より徒歩5分ほか
【問い合わせ】
022-223-8441
【公式サイト】
仙台青葉祭り

祭り当日は人混みが多いのと、
交通規制もかかるので、アクセスには
公共交通機関が便利です。

スポンサードリンク

仙台青葉祭りの見どころと言えば?

仙台青葉祭りの見どころは?
と聞かれれば、間違いなくすずめ踊り

いたるところで
すずめ踊りが披露されている
人気のイベントです。

「すずめ踊りってどんな踊り?」
そんな声が聞こえてきそうですね。

すずめ踊りとはぴょんぴょん、
ひらりとすずめのような踊り!
(そのまま!)

すずめと聞けば可愛らしいですが、
約4000人近くが踊る迫力ある踊りです!

起源ははるか昔。

仙台城移徒式の後の宴会で、
石工たちが伊達政宗の前で即興
披露した踊りが始まりと言われています。

石工たちが即興で作った踊りが、
300年以上も受け継がれているのは
すごいですね!

表裏で色の違う扇を
巧みに操って踊るので、
とても鮮やかで目を奪われます。

グループごとで個性もあり、
すずめっこ1000人祭連では、
1000人の小さい子供がすずめ踊りを披露!

その可愛さはまさにすずめ!

ぴょんぴょん、くるくると踊る
ちびっ子達に拍手喝采です。

技を極めたすずめ踊りを見たい方は、
選抜された踊り子による
伊達の舞」がおすすめ!

息のあった芸術的な踊りに、
目が釘付けになりますよ。

ちなみにこのすずめ踊り、
なんと宵祭りでは飛び入り参加OK!

「踊りたい衝動が止められない!?」

という方は、是非この機会に
すずめ踊りを体験して下さいね。

すずめ踊り以外にも、
見どころはまだまだあります!

まるで時代絵巻のような
練り歩きが見れる「伊達時代行列」。

なんとこの練り歩きの
先陣を切るのは、伊達家のご当主!

伊達政宗の子孫が登場する、
由諸あるイベントなのですね。

定禅寺通と国分町通の交差点では、
火縄銃の演武も見ることができます。

その他にも神輿や山鉾の練り歩きなど、
魅力が詰まったお祭りになっていますよ!

2

仙台青葉祭り祭り2017の日程!すずめ踊りや見どころ満載!まとめ

初夏の訪れを感じさせる
仙台青葉祭り。

すずめ踊りや伊達一族の練り歩きなど、
滅多に見れないイベントがたくさん!

これは急いで仙台に行くしかない!

「今年は一味違うお祭りを体験したい!」

という方は、ぜひ仙台青葉祭りで
すずめ踊りを体験して下さいね。

一足早く、お祭り気分を楽しみましょう!

-祭り・花火