Collar Life!

日常に彩を!

祭り・花火

相生ペーロン祭り2017日程!花火大会の穴場も紹介!

3
 
 
「名前も中身も斬新なお祭り、
それが相生ペーロン祭り。」
 
 
ゴールデンウィークが終わり、
楽しみも終わった…

そんな絶望している方に朗報!
 
5月に楽しいお祭りがあることを、
ご存知でしょうか?

祭りと言えば夏のイメージがありますが、
そうではありません!

兵庫県の相生市では、
毎年5月になるとペーロン祭り
開催されます。

ペーロンと聞いて
食べ物を想像された方、
それはきっとベーコンです。

「ペーロンって何?」

そんな疑問を持った方、
これは記事を読むしかありませんね。

そこで今回は相生ペーロン祭りの
2017年の日程や、花火など見どころに
ついてご紹介させて頂きます!




スポンサードリンク

相生ペーロン祭りってどんなお祭り?

数あるお祭りの中でも、
名前が気になるペーロン祭り

ペーロンとは中国語の
「白竜(パイロン)」が訛ったもので、
ドラゴンボートのこと。

お祭りではペーロン競漕をメインに、
白熱したレースが開催されます!

ペーロン船には乗るのは艇長1名、
舵取り1名、太鼓1名、銅鑼1名、
漕手28人の計32人。

太鼓の音と激しいスピードで進む姿は、
まさにドラゴンそのもの!

現在では相生以外でも
沖縄や長崎でも、ペーロン競漕が
行われていますよ。

また相生ペーロン祭りでは、
大人気の花火大会も開催されます。

昼はペーロンレース、夜は花火が
楽しめるお祭りなんですね!

相生ペーロン祭りの2017年の日程は?

白熱あるレースと、
夜空を彩る花火が魅力の
相生ペーロン祭り。

ペーロン祭りのレースは
毎年5月の最終日曜日に開催されます。

今年は2017年5月28日(日)の予定で、
花火は前日の27日(土)に行われます。

その他の詳細についてはこちら!

【日程】
2017年5月27日(土)、28日(日)
【場所】
兵庫県相生市相生湾特設会場
【アクセス】
・電車
JR山陽本線「相生駅」南出口から南へ徒歩20分
・バス
JR相生駅から神姫バス「相生港行き」の「市役所前」下車すぐ
・車
山陽自動車道「龍野西IC」から約15分
【花火打ち上げ数】
5000発
【問い合わせ】
0791-23-7133
(相生ペーロン祭協賛会)
【公式サイト】
相生市

お祭りの当日は混雑が予想されるで、
車より公共交通機関の方がおすすめです。

スポンサードリンク

相生ペーロン祭りの見どころは?

相生ペーロン祭りでは
メインのペーロン競漕はじめ、
色んなイベントが行われます。

ペーロン競漕は一般男子と
女子の部があり、一次予選と
決勝戦がある本格レース大会

白熱あるレースから目が離せません!

また民間団体による
オープンレースもありますよ。

「パパ、僕も船に乗りたい!」
そんな願いを叶えてくれるのが、
スーパーキッズボート

ここではエンジン付きゴムボートの
体験搭乗ができます。

貴重な体験にお父さんのほうが
羨ましがる危険性大。

受付は当日の10:00〜13:30まで。
水に濡れることもあるので、
着替えをお忘れなく。

その他にもパレードや
ステージイベントなども多数あり、
世代問わず楽しめるお祭りです!

前夜祭海上花火大会の穴場は?

相生ペーロン祭りは、
前夜祭の花火大会から始まります。

この花火大会も人気で、
仕掛け花火や水中花火など
多彩な花火が5000発

フィナーレはなんと、
「10分間スターマイン1800発」。

あまりの迫力に、
10分間はまばたき出来ません。

毎年多くの観覧者が訪れますが、
できればゆっくり花火を楽しみたい!

そんな方におすすめの穴場が、
相生ボート公園とあいおい白龍城。

迫力ある花火を
楽しむことができます!

穴場では割と人気なので、
出来れば14時までに
到着しているとベスト。

他には相生橋周辺でも
花火が見れます。

会場からは少し離れていますが、
18時以降は車が通らないので、
ゆっくり花火を楽しめますよ。

「私はリッチに花火を楽しみたい!」

そんな方にはクルージング
花火を見れるイベントがおすすめです。

花火大会の会場は相生湾、
時間は19:30から20:50まで。

くれぐれもまばたきするのを
忘れないで下さいね。

159c212f65d9e53f0f6c7c75787e70c4_s

相生ペーロン祭り2017日程!花火大会の穴場も紹介!まとめ

魅力たっぷりの
相生ペーロン祭りでしたね!

レースと花火を楽しめる
お祭りなんてなかなかありません。

どちらも見応えばっちりの、
迫力あるイベント。

ゴールデンウィークで
完全燃焼してしまった皆さま、

今年は相生ペーロン祭りで、
心のエネルギーを充電しませんか?

-祭り・花火