Collar Life!

日常に彩を!

祭り・花火

鹿島ガタリンピック2017の日程は?駐車場や見どころ紹介!

6
 
 
「地元を愛する気持ちが生んだ、
泥まみれのオリンピック」
 
 
ゴールデンウィークが終わり、
次の楽しみを探している方も
多いのではないでしょうか?

夏祭りは少し先、
長期休暇は過ぎ去った…

ではその間に、
泥遊び」はいかがでしょう?

佐賀県鹿島市では、
毎年この時期になると
鹿島ガタリンピックが開催されます。

ガタリンピックと聞いて、
もしかしたら修学旅行を思い出す
人もいるかもしれませんね。

そうです!

干潟の上で泥まみれになる
大運動会のことです!

子供心に戻る大人気のイベントで、
今では日本全国、世界各国からも
参加者が集まっているほど!

「私も泥まみれになりたい!」

そんな方のために、
今回は鹿島ガタリンピックの
見どころをご紹介させて頂きます。




スポンサードリンク

鹿島ガタリンピックの2017年の日程は?

子供の頃、泥まみれになって
遊んだ経験はきっとあるはず。

あの時は親に怒られましたが、
今回は佐賀県公認のどろ遊び!

鹿島市には日本一干満差が
大きい干潟があり、
毎年ガタリンピックが開催されます。

ガタリンピックはガタ(泥)を
利用した大運動会のこと!

この貴重な運動会は毎年人気で、
参加申し込みが殺到するほど。

そんな鹿島ガタリンピックの
2017年の日程は6月11日(日)
開催予定です。

その他の詳細はこちら!

【日程】
2017年6月11日(日)
【場所】
七浦海浜スポーツ公園
【アクセス】
・電車
JR肥前七浦駅から徒歩で10分
【問い合わせ】
0954-62-5656
(鹿島青年会議場)
【公式サイト】
鹿島ガタリンピック

車を利用する方も多いと思いますが、
今年は会場周辺に駐車場がありません。

その為、祐徳稲荷神社の
駐車場の利用になります。

【駐車場までのアクセス】
九州自動車道 武雄・北方IC~駐車場
(約25km・約40分)
九州自動車道 嬉野IC~駐車場(約20km・約35分)
佐賀市街~駐車場
(約45km・約70分)
鹿島市街~駐車場
(約5km・約10分)

スポンサードリンク

鹿島ガタリンピックの見どころは?

鹿島ガタリンピックの見どころは、
何と言っても「」!

ガタリンピックならではの
泥を使ったユニークな競技に、
観客は目が離せません。

そして参加者は泥から離れません!

泥を使ったガタスキーを始め、
宝探しに泥レースなど
見どころたっぷり。

毎年特に人気で爆笑なのが、
干潟の飛距離を競う「ガターザン」!

競技のネーミングセンスも抜群で、
中には「25メートル自由ガタ」など、
ぷっと吹き出すプログラムになっています。

そんなユニークで面白い競技が
揃ったガタリンピック。

生まれたきっかけは市民の
地元を愛する気持ちから誕生しました。

佐賀県の総合計画が
発表された昭和59年の時、
鹿島では衝撃が走りました。

なんと新幹線も高速道路も
通らないことになったのです!

市民としては死活問題。

そこで若者に呼びかけ、村おこしグループ
鹿島フォーラム」が結成されます。

それまで誰も見向きもしなかった
干潟の泥を、逆転の発想で
鹿島の目玉に変えました。

昭和60年5月3日に記念すべき
第一回ガタリンピックが開催。

今では世界各国から参加者が
訪れるイベントになりました!

市民の地元を愛する気持ちと、
日本一の干潟が身を結んだのですね。

そんな魅力たっぷりのガタリンピック。

今年は是非とも参加してみては
いかがでしょう?

5

鹿島ガタリンピック2017の日程は?駐車場や見どころ紹介!まとめ

今回は佐賀県鹿島市の
名物ガタリンピックについて
ご紹介させて頂きました。

世界各地から挑戦者が訪れる
泥まみれの運動会。

きっと参加者のみなさんは、
競技中に子供心に返っているはず。

日々の生活に飽きたなら、
今年は鹿島で泥にまみれましょう!

-祭り・花火