Collar Life!

日常に彩を!

祭り・花火

琵琶湖花火大会2017の日程と穴場!有料観覧席と船も紹介!

c2f4563e4835b6a41376cb71e87b1ae2_s
 
 
「日本一の湖に咲く日本一の花火。
それが琵琶湖花火大会!」
 
 
夏を彩る風物詩と言えば、
花火大会ですよね。

毎年、全国では様々な
花火大会が開催されます!

今年の花火はどこで見ますか?

まだお悩み中の方がいれば、
おすすめなのが
琵琶湖花火大会

日本で一番大きな湖で、
毎年人気の花火大会が
開催されます。

湖上の花火大会

なんだかとても
風流じゃないですか。

知名度も高いこの花火大会は、
もちろん混雑具合も全国級!

せっかく花火を見に来たなら、
心ゆくまで楽しみたいですよね。

そこで今回は琵琶湖花火大会を
120%楽しむ為の穴場や、有料観覧席に
ついてご紹介させて頂きます!




スポンサードリンク

琵琶湖花火大会2017年の日程は?

今年で33回目を迎える
琵琶湖花火大会。

水上で打ち上げられる
花火を見たことがありますか?

この琵琶湖花火大会では、
湖の上で花火が咲きます!

水面にも映る花火は、
都会では見れない幻想的な
世界を演出してくれますよ

まさに「」のように
咲き誇る姿は圧巻!

さすが日本一の湖で
開催される花火大会です。

そんな琵琶湖花火大会の
2017年の日程は8月8日(火)。

毎年8月8日に開催されるのですが、
土日になる場合は直前の
金曜日に開催されます。

今年は火曜日なので、
例年通り8日に行われますね。

その他の詳細はこちら!

【日程】
2017年8月8日(火)
【場所】
滋賀県大津市浜大津県営大津港沖水面一帯
【時間】
19:30〜20:30
【アクセス】
・電車
JR東海道本線(琵琶湖線)大津駅、又は膳所駅から徒歩15分
・車
車での来場は不可
【打ち上げ数】
10000発
【来場者数】
【問い合わせ】
077-511-1530
(びわ湖花火大会実行委員会)
【公式サイト】
びわ湖花火大会

琵琶湖花火大会のおすすめの穴場は?

花火大会にとって重要なこと。
それは穴場です!

毎年大勢の観光客が訪れる
琵琶湖花火大会は、どこも
かしこも人だらけ!

「日本にはこんなに
人がいたのか!?」

と違うことで、
感心させられてしまいます。

花火を見るはずが、
前のおじちゃんの頭しか
見えない。

花火が終わった後に、

「すごく綺麗な花火だったね!」

「うん、すごい頭だった!」

なんて切ない感想だけは
避けたいところ。

そこで今回は琵琶湖花火大会の
おすすめの穴場について
ご紹介させて頂きます!

・びわこ競艇場

花火大会を前に一攫千金の
花を咲かせに!

ではありません。

普段はボートレースが行われていますが、
花火大会当日はスタンド席が
無料開放されています。

16時から開門になるので、
早起き苦手な人でもOK!

ただしすぐに埋まってしまうので、
早めの到着が良いでしょう。

・なぎさ公園

穴場だけではなく、
一応王道のスポットもご紹介。

無料で琵琶湖花火大会の
すべてを楽しみたい方に
おすすめの場所。

おまつり広場周辺は16時からの
開放となるので、朝早くから
場所取りする心配はありません。

しかし一瞬で場所が埋まって
しまうので、狙っている人は
早めに着くようにしましょう。

・矢橋帰帆島

会場近くは車が使えなくても、
穴場に行くならもってこい!

車で訪れる人におすすめなのが、
人工島の矢橋帰帆島

打ち上げ会場からは少し離れていて、
車じゃないといけないので、
人混みを避けることができます。

・陸上自衛隊大津駐屯地

なんと自衛隊の敷地が無料開放
されると言うではないですか!

少し距離はあるので、
湖上の花火は見にくいですが、
打ち上げ花火はバッチリ見れます!

花火を見ながら気分は
まさに自衛隊!?

圧巻の琵琶湖花火大会に
感極まって敬礼しそうです。

・比叡山山頂

湖の花火大会を山頂から見る
このイリュージョン。

しかも登るお山はあの比叡山

もちろん車で訪れる人向きの
スポットです。
(くれぐれも登山モードに
ならないように)

山頂から見る花火も幻想的で、
水面に映る花火も綺麗に見えます。

ドライブデートにもおすすめですね!

6643f093379534aa40f2531306df8c2b_s

ゆったりできる有料観覧席!

花火大会はタイムイズマネー。

そんな言葉がぴったりなほど、
場所取りはです。

「私は焦ることなく、
ゆっくり花火を楽しむのだ!」

そんな方におすすめなのが
有料観覧席です。

なんと打ち上げ会場手前
400メートルの近さで
花火が見れる絶好のスポット!

17000人分用意される席は
全席指定席。

何時に来ようが場所が無くなる
心配はありません。

前売り券の一般販売は
7月1日からのスタート。

料金は前売り券が3900円、
当日券は4400円です。

購入方法は琵琶湖花火大会公式サイトや
ローソンチケット、チケットぴあ、
日本旅行などで販売しています。

毎年人気が高いので、前売り券だけで
完売することがあるので早めに
購入しておきましょう。

スポンサードリンク

花火が100倍楽しくなるクルーズ!

琵琶湖花火大会の楽しみ方は、
なにも穴場や有料観覧席
だけではありません!

そう、クルーズ(船)をしながら
花火を楽しむことができるのです!

まさに、

陸(穴場)、海(クルーズ)、空(山頂)

から楽しめる花火大会!
(無理やり?)

琵琶湖花火大会をクルーズで
楽しむには、2隻の船の
どちらかを予約する必要があります。

それがミシガンビアンカ

外国人の友達の名前ではなく、
船の名前です。

もちろんクルーズなので、
美味しいディナーを楽しみながら
花火を堪能することができます。

まさに一生の思い出になる
花火大会ですね!

詳細はこちらをどうぞ。

クルーズ船ミシガン
【料金】
・自由席  4780円
・指定席  15000円
・食事付き  20000円
【港】
大津港
【出発時間】
18:30出航
【予約方法】
電話のみの予約
0120-050-800
【公式サイト】
琵琶湖汽船

もう一つのクルーズ船ビアンカ
については、ツアーでの参加が
可能です。

その際はクラブツーリズムから
申し込むことができます。
クラブツーリズム

今年一番の花火を楽しみたい方は、
是非ともクルーズで堪能してみては
いかがでしょうか?

琵琶湖花火大会2017の日程と穴場!有料観覧席と船も紹介!まとめ

全国でも有名な
琵琶湖花火大会。

山から、船から、穴場から
色んなスポットで
楽しむことができます。

水上に打ち上げられる花火は、
まさに夏の風物詩。

名物スターマインや、打ち上げ
角度が30度のワイドスターマインなど。

見どころいっぱい!
今年は是非とも琵琶湖花火大会で、
最高の思い出を作ってみて下さいね。

-祭り・花火