Collar Life!

日常に彩を!

祭り・花火

関門海峡花火大会2017!穴場や駐車場、交通規制を紹介!

e37ad140b02a26dd8fd99badf4316eac_s
 
「海を挟んで2つの花火を楽しめる!
それが関門海峡花火大会だ!」
 
 
夏と言えば花火大会

今年も全国各地では色んな
花火大会が開催されますね。

あまりの数の多さに、
毎年どこの花火を観に行こうか
迷ってしまうほど。

今年も花火大会の雑誌を
見ながら、悩んでいる人も
多いのでは?

今年は過去最大の花火大会を
楽しみたい!と考えている人に
お勧めなのが、

関門海峡花火大会!

なんと海を挟んで2つの
花火大会が行われる
ビックスケール!

本州と九州を結ぶ場所で行われ、
西日本最大級の花火大会です。

「今年はここに決めた!」
そんな人にとって気になるのが、
穴場や交通規制などの情報ですよね!

そこで今回は関門海峡
花火大会2017について
ご紹介させて頂きますね。




スポンサードリンク

関門海峡花火大会2017の日程は?

 
全国には色んな花火大会が
ありますが、海を挟んで楽しめる
花火大会はそうそう無いでしょう。

そんな贅沢な花火大会が
開催されているのが、
関門海峡花火大会

山口県下関市と福岡県北九州市で
同時に開催される花火大会です。

正式名は「アジアポート
フェスティバルinKANMON」!

スケールも大きければ、
名前もカッコいい花火大会ですね!

水中花火、大玉、
音楽付き花火などなど、、、

関門海峡の沖合い300mから、
数々の花火が打ち上げられます!

そんな関門海峡花火大会は
毎年8月13日の開催。

もちろん2017年も同じ日程で
開催されますよ。

その他の詳細はこちら!

【日程】
2017年8月13日(日)
【場所】
関門海峡
【時間】
19:50〜20:40
【アクセス】
・電車
(門司側)
JR鹿児島本線門司港駅から徒歩約5分
(下関側)
JR山陽本線下関駅から徒歩20分
【打ち上げ数】
15000発
【来場者数】
115万人
【問い合わせ】
093-331-8781
海峡花火大会実行委員会門司
【公式サイト】
関門海峡花火大会

 
駐車場についてですが、
門司港側は駅のすぐ近くが
会場になります。

そのため車で訪れる方は
小倉などの駐車場で止めてから、
電車で行くのがお勧め!

「どうしても門司港の
駐車場に止めたい!」

という方は、こちらを
ご参考にしてみて下さい☆
門司港周辺の駐車場

また西海岸側の埋め立て地は、
13時から交通規制がかかるので
ご注意を!
門司側の交通規制

続いては下関側
駐車場の紹介です!

下関側で駐車場を利用するなら、
JR長府駅前の下関市競艇場の
駐車場が利用できます。

ただし花火大会終了後は、
市内中心部の交通が麻痺するので、
できれば公共交通機関がお勧めです。

下関中心部の交通規制については
こちらを参考にして下さい。

・唐戸から細江周辺
(16:00〜22:30まで規制)
・下関海峡交番周辺
(9:00〜23:30まで一部規制)
・JR下関駅前、人口地盤下
「山口銀行駐車場、ヴェルタワー
下関からJR下関駅前までの全て
(19:00〜23:00まで全面車両禁止)

いつもと同じルートが使えない
場合があるので、しっかり
チェックしておきましょう!

スポンサードリンク

関門海峡花火大会のお勧め穴場はここだ!

 
全国2位の人気を誇る
関門海峡花火大会。

海を挟んで開催される、
2つの花火大会のスケールは
かなり凄いです!

これはどこから花火を見るのかが、
重要になりますよね。

そこでこの章では、関門海峡
花火大会のお勧め穴場を
ご紹介致しましょう!
 

・方上海岸(門司側)

釣りの名所でも有名で、
お勧めの穴場が方上海岸
 
会場からは少し距離が
ありますが、下関側の花火も
ばっちり見ることができます!

穴場の中では割と有名なので、
お早めの到着がお勧めです。
 

・巌流島

その名の通り、かの宮本武蔵と
佐々木小次郎が決闘した有名な場所!
 
ここではバーベキューしながら
花火を見ることができます。

「巌流島で花火大会を見た!」
と言えば、注目されること
間違いナシ!

当日は花火大会の終わりに
帰りの船も出てますよ。
 

・カモンワーフとその周辺(下関側)

有料席近くにあるスポットで、
臨場感ある花火を楽しめます。
 
あるかぽーと下関からも
花火を見ることができますよ!

 

・海響館(下関側)

ちょっと変わった場所から花火を
見たい人には海響館がお勧め!
 
下関市にある水族館で、
全面ガラス張りで鑑賞できます。

しかもクーラーが効いていて、
トイレにも困らない魅力付き!

花火の音は聞けませんが、
快適な空間で花火を楽しむ
ことができます。
 

・唐戸市場周辺(下関側)

こちらの穴場に行くなら、
海沿いにあるウッドデッキが
お勧めです!
 
レジャーシートがあれば
座ることもできるので、
持っていくと便利ですよ。
 

・風師山の展望広場(門司側)

地元の人も御用達なのが
風師山の展望広場
 
関門海峡と花火の
コラボレーションは
まさに絶景!

穴場中の穴場に
相応しいスポットです。
 

・九州鉄道記念館の西駐車場(門司側)

車で観に行く人にお勧めなのが、
こちらのスポット!
 
海岸まで出れば屋台村もあるので、
グルメも楽しむことができます。

少しビルが視界に入ることも
ありますが、花火の鑑賞は
十分楽しむことができます!
 

・門司港レトロ展望室(門司側)

見晴らし最高の穴場スポットが
門司港のレトロ展望室
 
高層マンションのレトロ
ハイマートの31階にある
展望室です。

少し入場料はいりますが、
ガラス張りの景色から
海峡と花火を楽しめますよ!

df992cc3c1c725a4fa11bd047dab45fe_s

関門海峡花火大会2017!穴場や駐車場、交通規制を紹介!まとめ

 
いかがだったでしょうか?

海を挟んで2つの花火大会を
楽しめるなんて、とっても
リッチですよね!

さすが全国トップクラスの
関門海峡花火大会です。

穴場スポットも門司側と、
下関側の2つがあるので
好きな方を選べますね!

目的に合った穴場から、
今年はビックスケールの
花火大会を楽しみましょう!
 
 
今年も人気の花火大会がたくさん!
「濠花火大会2017の日程!穴場の場所取りや交通規制を紹介!」
「なにわ淀川花火大会2017!日程や穴場スポット10選を紹介!」
「広島みなと夢花火大会2017の穴場スポット!屋台や船も紹介!」
 
他にも全国の花火大会や
お祭りがたくさん!
「全国花火大会&お祭り」

-祭り・花火