Collar Life!

日常に彩を!

気になる雑学

ボールペンの染み抜き方法!服のしみや汚れも簡単に落とす!

e34f2c96534464a357ed08db98c9220a_s

「消し方や落とし方は簡単!
ボールペンの汚れとこれでおさらば!」

生活の色んなところで
活躍するボールペン

しかし、便利なボールペンも
間違って服などに付いてしまうと
ハプニング!!

特にお気に入りの服に
付いてしまった時のショックは
相当なもの...

「このボールペンの汚れ...
絶対に綺麗に落としたい!!」

と著者も何度も
思ったことがあります。泣

そこで今回はボールペンの染み抜きの
方法について、ご紹介させて
頂きますね!




スポンサードリンク

ボールペンの染み抜きで大切なことは?

いつの間にか付いてることが多い、
ボールペンのシミや汚れ。

「あ!」と気付いた時には、
手遅れなことが多いですよね。

ボールペンのシミや汚れを
落とす前に、まずはボールペンの
種類についてご紹介します。

油性ボールペン

・耐水性がある
・筆跡が変質しにくい
・にじまない

油性ボールペンには、
次のようなものがあります。
・三菱鉛筆・ジェットストリーム
・PILOT・Dr.グリップ
・ZEBRA・スラリ
・ZEBRA・ジムノックなど、

水性ボールペン

・鮮やかな色調
・書き味が滑らか

水性ボールペンには、
次のようなものがあります。
・三菱鉛筆・ユニボールアイ
・ぺんてる・マイクロボール
・PILOT・マルチボールなど

ゲルインクボールペン

・鮮やかな色調
・書き味が滑らか
・にじみにくい

ゲルインクボールペンには、
次のようなものがあります。
ハイブリッド
PILOT・ハイテックC
三菱鉛筆・スタイルフィットなど

基本的にはどのボールペンでも、
染み抜きや汚れを落とすことは
できます。

そして次に大切なことが、
服の素材の確認です!

素材によっては染み抜きが
出来ない場合もあるので、
ちゃんと確認しておきましょう。

確認するポイントとしては、
手洗いできるかできないのか、
ドライクリーニングのみかなど。

ドライクリーニングのみなら、
水を使って洗えないので
クリーニングがお勧めです。

ボールペンが付いてしまった時は
慌ててしまいがちですが、まずは
服の素材をちゃんと確認してから
対応しましょう!

スポンサードリンク

ボールペンの染み抜きの簡単な方法は?

それではさっそくボールペンの
染み抜きの簡単な方法を見てみましょう!

・油性ボールペンの場合

【用意する物】
消毒用エタノールか除光液
汚れてもよい布とビニール
歯ブラシ

1、まずは色落ちチェックを行います。
服の目立たない部分にエタノールを付け、
色落ちや変色がないか確認します。

2、服の下にビニールを敷き、
床やテーブルに色移りしないように
防ぎます。

3、ビニールと服の間に布を敷いて、
シミが付いた部分を布側にして
置きます。

4、汚れた部分の反対から少しずつ
エタノールを付けて、歯ブラシ
叩きながら汚れを布に移します。

5、下の布をずらしながら、
シミが落ちるまで作業を
繰り返します。

6、シミが落ちれば、あとは
いつも通り洗濯して完了です。

続いては水性ボールペンと、
ゲルインクボールペンの染み抜き方法を
見てみましょう!

・水性とゲルインクボールペンの染み抜き方法

【用意するもの】
固形石鹸か弱アルカリ性洗剤
(台所用洗剤など)
汚れてもよいビニール
歯ブラシ

1、油性ボールペンの時と同じく、
色落ちや変色しないかのチェックを
行います。

2、机や床に色移りしないように、
ビニールを敷いてから服を置きます。

3、洗剤を付けて、歯ブラシで
叩きます。生地の傷みが不安なら、
指でつまみ洗いしましょう。

4、水かお湯で洗い、汚れが
落ちるまで3と4の作業を
繰り返します。

5、汚れが落ちれば、いつも
通り洗濯をして完了です。

ボールペンの汚れやシミが付くと、
落とすのに大変なイメージがありますが、
これなら簡単ですね!

注意点としては、ボールペンの
染み抜きを行う場合、必ず
洗濯前に行って下さい。

洗濯した後では、ボールペンの
汚れが落ちにくくなってしまいます。

またエタノールは引火性が高いので、
必ず換気しながら使用するように
気をつけましょう。

7a239331bf709d449914061a869d1fd8_s

ボールペンの染み抜き方法!服のしみや汚れも簡単に落とす!まとめ

今回はボールペンの染み抜き
方法について、ご紹介させて頂きました。

「やってしまった、もうダメだ...」

と絶望するのはまだ早い!

ちゃんと染み抜きや
汚れの落とし方があるので、
まずは試してみましょう。

どうしても不安な場合は、
クリーニングに出すのが一番です!

-気になる雑学